--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-03-23(Sun)

新手の訪問販売か!?

こんばんは。

久々の連休でしたが、みなさんどうでしたか?
私は最近忙しかったので、久しぶりにゴロゴロしたりジョギングしたりして、まったりとくつろぎました。



・・・くつろいでいたのですが、突然鳴り響くインターホンの音。
特に宅配物が届く予定も無かったので、おそらく何らかの勧誘(訪問販売)だろうなと思ってインターホンに出てみると、

「ボトルサービスです。 玄関先で確認をお願いします。」

との返答。
は? 何時の間にか飲み屋のカウンターにでも迷い込んだのか俺は。
もう一度聞き直すと、

「ただいまボトルサービス中です。 玄関先で確認をお願いします。」

聞き直しても明瞭な返答が無く、とにかく「出てきてくれ」の繰り返し。 この時点で悪質な勧誘と断定。
この手の訪問販売は、とにかくドアを開けさせるのが常套手段です。
インターホンで断れずドアの外まで出てくる時点で、相手からすると「カモ認定」なわけです。
で、そんな気の弱い人は相手と対面した状態ではますます断れず言いくるめられて契約・・・という流れ。

「間に合ってます」でガチャリ。 お帰り願いました。

即刻帰って貰ったわけですが、それにしても「ボトルサービス」とは何の訪問販売なのか?
ネットで調べてみると、少なくとも数年前くらいから報告があり、どうやら浄水器などの勧誘の様ですね。
この手の商品にはろくな物は無し。 断るに限ります。



そういえば、そろそろ新社会人生活や進学先での学校生活が始まる時期です。
慣れない場所や環境で、仕事や学業に苦労しながら一人暮らしを始める人も多いでしょう。
そんな生活を脅かす鬱陶しい存在の一つが訪問販売による勧誘です。

勧誘の代表格と言えば新聞。
「社会人だし、新聞くらい読まないと・・・」と思う人も居るかも知れませんね。
しかし、特定の団体や国家、企業等の影響を受けての偏向報道まみれの新聞。
果たして年間数万円も出して読む価値が有るでしょうか?
少なくとも私個人の考えでは、五大紙の中にその価値がある新聞はありません。
新聞社によって評価は異なりますが、総じて何かの影響を受けすぎていて公平さに欠ける。

まあ、他の媒体と併用して偏向報道の検証に使うとかだったら価値もあるかもしれませんが。
新聞だけで情報収集している人は本当に危険だと思いますよ。
もちろん、この「新聞」を「テレビ」や「ネット」に置き換えても同様の事が言えます。
大手テレビ局(キー局)と大手新聞社はそれぞれ関係を持っているので、情報収集をするときはマスコミの関連性を意識しながら見ると良いと思います。



後はケーブルテレビ(CATV)の勧誘も鬱陶しいですね。
年に一回くらいのペースで、

・電波の受信状況の調査
・デジアナ変換に関する説明

といった名目で上がり込もうとします。
で、部屋にあげると電波調査などはそこそこに、ケーブルテレビの勧誘をゴリ押ししてくるわけです。

ケーブルテレビは「テレビ」「電話」「インターネット」などに利用でき、そのどれか一つでも契約させようとしてきます。
既にプロバイダーなどと契約済みでも、「セットだとお得」などと言って迫ってきます。
しかも、解約する際にも手数料で高い金額を要求する悪質な会社もあります。
インターネットは必需品ですし、CATVも活用すれば役立ちますが、不要な物まで契約しないように注意してください。
特に解約時に手数料を取られないかは要チェックです。


勧誘が来たら、本当に必要な物なのかを考え、契約する際には必要以上に無駄な内容で契約しようとしていないかを熟慮してください。
とりあえずその場で契約するのはやめましょう。 必ず一旦相手を帰し、内容をゆっくり吟味する時間を設けることです。
ネットで検索するのもいいでしょう。 仮に悪徳勧誘だったら事例がゴロゴロでてきます。



スポンサーサイト
2014-03-16(Sun)

自分の弱点とは?

こんばんは。

みなさんは仕事における自分の「弱点」は何だと思いますか?
仕事における弱点というテーマで考えた場合、例えば技術・能力的な物だったり、集中力や継続力などの精神的な物だったり色々例が挙がる事でしょう。

ゲーム業界に就職して十数年経ちますが、ここ数年は日々の仕事の一環として、バイトや新卒社員など後輩達の指導を行っています。
その業務を通じて自分の弱点だなと感じるのが、「基本的に甘くて、厳しく出来ない」という点です。



自分で言うのも何ですが、私は随分優しい性格だと思います。
優しいこと自体は良いことだと思うのですが、その弊害(?)として、厳しく接すべき所でなかなか厳しい態度を取ることができない、そう感じる事が有ります。

なにも日常生活で威圧的・高圧的にすべきという意味ではありません。
断ったり、しかったり、駄目出しをすべき時に、それが出来なかったり中途半端な態度になってしまう事が有あるという事です。
そして自分の事ながら、それが凄く嫌です。


後輩達、特に入社間もない人達に何かの作業を任せるとします。
大抵の場合はそれなり以上の成果物を仕上げてくれますが、時々、そうじゃない物を作ってくる事も有ります。
ハッキリ言うと製品レベルに達していないという事です。

そんな時、どうやって対応すべきか?
このままではゲームに実装できませんから、どうにかしないといけません。
まずは品質が合格点に達していない事を伝え、作り直させる必要があります。
それをどう伝えるのか? 作り直して貰った結果がまた駄目だったらどうするのか?

必要以上に気を遣って甘い評価を下したり、遠回しな表現で指導したりすると、自分はもちろん、その本人の為にもならない、それは分かっているつもりですが、なかなか気が重い話です。



こういった時の対応を他の人だったらどうするのか?
私以上に甘い人も居ますが、容赦なくビシビシと駄目出しする人もいます。
私も昔、先輩に随分と厳しく指導されました。 それこそ心が凹んでしまいそうになるくらいに言われたこともありました。

その時の記憶と現在の経験を踏まえ、技術的・メンタル的なフォローも含めてどうやって指導すべきかを色々思案しています。
十人十色でみんな個性があるので、決して差別や贔屓をするわけではありませんが、ある程度相手によって対応を変える必要もあるとも考えます。
口で言うのは簡単ですが、これがなかなか難しいです。

幸か不幸か、景気が悪く新卒採用枠が少ないので、指導対象も少人数です。
これがバブル絶頂期だったら相手はもっと多かったことでしょう。
もちろん全員を一人で指導する訳ではありませんが、数人で苦労している有様で、もっと多い人数を相手にできるのか?


実は知り合いから「ゲーム学校の講師に転職しないか?」という話を貰うことがあります。
興味はあるのですが、前述の様に現在の私には荷が重そうです。


2014-03-10(Mon)

ゲームで迷う

こんばんは。

日頃ゲームを作ったり、或いはゲームで遊んだりしていると、一昔前に比べてゲームは簡単になった気がします。
作っていても遊んでいても「ここまで簡単にする必要があるのだろうか?」と感じるわけです。

充実したヘルプ機能、選べる難易度、それに加えてネットの普及により、ゲームの攻略法が一瞬で調べられる時代。
昔はゲームの攻略法が分からず、場合によっては数週間くらい迷ったりしたことも有ります。
しかし、もはや謎解きに詰まって右往左往する・・・という光景は過去の物なのかもしれません。



せっかくなので(?)、私が学生の頃遊んでいたゲームで「攻略法が見つからず、長期間迷ったゲーム」をいくつかご紹介しましょう。

■ 邪聖剣ネクロマンサー(ハドソン/PCエンジン)
最後の大陸に渡るためには洞窟の隠し通路を通る必要が有るのですが、それまでゲームに「隠し通路」という物が存在しなかった為、2週間~1ヶ月ほど迷いました。
ヒントも一応有るのですが、前述の理由もあり、それが隠し通路の存在に直結せず大いに迷う事に・・・

■ ドラゴンクエスト3(エニックス/ファミコン)
ピラミッドの扉を開けて魔法の鍵を入手するシーンで約1週間ほど迷いました。
扉を開けるためには壁にある秘密のスイッチを押す必要があるのですが、「壁に触れるとイベント発生」というのが初登場だった(たぶん)のと、パッと見は普通の壁なので気が付かなかったのです。

■ スーパー大戦略(セガ/メガドライブ)
「ピクチャーフレイム」というマップが攻略できずにしばらく苦戦。
マップ自体は小さいのですが、予算が非常に少なく、しかも二正面作戦を強いられる厳しいマップ。
左側は森林地帯に陣取るソ連軍部隊に苦戦し、右側は平野を疾走するドイツ地上軍(特にヤグアル2)に大苦戦。
私が戦略シミュレーションに不慣れだったという事もありますが、クリアまでにかなり手こずりました。

■ ウルティマアンダーワールド(オリジン/PC-98)
ゲームの自由度が高すぎて、どこに行って何をやったらいいのか混乱してしまうことに。
いきなり下層階に行くことも可能だし、NPC誰にでも戦いを挑むことも可能。 まさに全てが自由なゲームでした。



この他にも苦労したゲームは色々有りますが、今改めてプレイすると「何故当時はあんなに苦労したのだろう?」と思うくらい簡単にクリアできました。
既にクリア済みのゲームだから当たり前と言えばそうですが、攻略に詰まってあれこれ試行錯誤をした点も含めて、そのゲームに対する良い思い出です。
中には単に不親切な作りだったり、或いは理不尽なゲームバランスだったりしたゲームも有りますが、それすら懐かしいのは、単なる思い出補正でしょうか。


ゲームを作る仕事に追われ、ゲームで遊ぶ時間がすっかり少なくなりましたが、たまには攻略法をあれこれ思案しながらゆっくり遊びたいです。


プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。