2014-02-28(Fri)

実家の車は何にしようか

こんばんは。

突然ですが、実家の車を買い換えようかと思っております。
既に10年と10万キロほど乗っており、そろそろ買い換え時期かと思うのです。

丈夫な日本車なのでまだまだ乗れますが、あちこち劣化しているのも事実。
今時旧式エンジン&4速オートマだと燃費もイマイチですし、ハロゲンヘッドライトってのも・・・
新車を買えばお金が回って景気回復に貢献するかもしれませんし。



で、問題なのは何を買うかという点です。
私を含む子供たちは既に独立しており、それぞれ別居しているので、帰省時を除けば基本的に両親しか乗りません。
彼らが言うには、下記のような要望が有る様です。

・SUV、スポーツカーは駄目
・マニュアルは駄目(父はOKですが母がMTは駄目)
・大型車は持てあます

一方、私と兄は大変な車好きなので、両親に適していそうな車を色々見繕って見ました。
両親・兄・私の選んだ車は・・・

【 両親が候補に選んだ車 】
・スペイド(トヨタ)
・インプレッサ(スバル)
・軽自動車(各社)

【 兄が候補に選んだ車 】
・アクセラ(マツダ)
・ポルテ/スペイド(トヨタ)
・レヴォーグ(スバル)

【 私が候補に選んだ車 】
・インプレッサ(スバル)
・レヴォーグ(スバル)
・アクセラ(マツダ)
・ソリオ/デリカD2(スズキ/三菱)
・フィールダー(トヨタ)

といった感じです。

燃費や積載能力などの実用性に加え、安全装置も押さえつつ、ある程度走行性能も有した車を選んだ感じですね。
特に宮崎県の場合、隣県(大分・熊本・鹿児島)に出かける場合は必ず山越えが有るので、最低でも1.5リッター級のエンジンが欲しいですね。 出来れば2リッター前後が望ましいです。

両親はあまり車に詳しくないので、基本的にテレビCMや馴染みのディーラーから情報を得ているようです。
特にスバルのアイサイト(衝突被害軽減装置・プリクラッシュセーフティーシステム)に興味を持っているようです。
兄や私は雑誌やWeb、ディーラーでの試乗などが情報源です。



既に子供たちが独立しているのですから、できたらロードスターなど購入して優雅にドライブを楽しんで欲しいのですが、実用性が低いので一台だけだと厳しいところです。
趣味のロードスターと日用向けの軽自動車といった組み合わせがベストでしょうか。


色々迷うところですが、個人的には衝突被害軽減装置(プリクラッシュセーフティーシステム)を装備した車に乗って欲しいですね。
候補の中ではインプレッサやアクセラ、軽自動車の一部に搭載されています。

しかし、両親は車に詳しく無いが故にトヨタ以外には余り興味が無く、そもそもどんな車があるのかも知らない様です。
個人的には今回候補に挙がった車はどれも良い車だと思うので、最終的にどれに決まっても良いと思います。
ただ、選考の過程で選択肢を狭めてはもったいないので、ひとまず色々試乗して欲しいところです。
気乗りしない両親をディーラーまで連れて行くのが一仕事かもしれません。

今度の連休に帰省した際は、両親を連れてディーラー巡りでもしましょうか。


2014-02-17(Mon)

ゲームの記念購入

こんばんは。

先週に続き今週末も大雪でした。
14日はアーケードゲーム関連イベント(JAEPO)を視察するために幕張メッセに行ってきました。
当日は朝から既に大雪で、このままでは帰宅できなくなる可能性が有ったため早めに切り上げて帰りました。
都心部でチェーンを巻いた車が走る・・・なかなか想像できなかった光景です。

今回は風も強かったのが特徴でしたが、都心は多摩川や江戸川など一級河川が多く、これらの川に架かる鉄橋は強風時に通行不能となる事があります。
これまでの経験上、JRより私鉄の方が風に強い様です。(線路幅が広いから?)
これから関東に引っ越してくる予定の人は、いざという時のために複数の迂回ルート(JR・私鉄・地下鉄)を決めておくと良いでしょう。



さて、現在新卒やバイトの若手社員を何人か指導しています。
みんな慣れない仕事に苦労しながらも良くやってくれています。

仕事に対する価値観などは人それぞれですが、概ね共通している点は「一番最初に携わったゲームは、記念に買って保存したい」と思っている事でしょうか。
夢にまで見たゲーム業界での初仕事ですから、記念に購入し永久保存したいという訳です。

その気持ち、私もよく分かります。 私もデビュー作は初回限定版はもちろん、攻略本や取り扱ったゲーム雑誌など、関連商品を買いあさりましたし、今でも保存しています。
やはり自分のデビュー作は思い入れが違います。


ところが、場合よってはその「デビュー作」を永久保存するのが困難な場合も有ります。
例えばゲームセンター向けのゲームがそれです。
さすがに筐体を個人で購入するのは無理ですし、中身のROMを保存・・・という訳にもいきません。
せいぜいチラシや記事が掲載されている雑誌を買うくらいでしょうか。

また、最近はモバイル端末向けのゲームやダウンロード専売ゲームなど、パッケージが存在しないゲームも増えてきました。
ゲームその物は個人で購入できるのでアーケードゲームよりはマシですが、それでもパッケージが無いのは寂しいかもしれません。

私がゲーム業界に就職した当時はCD媒体のゲームの全盛期で、HDDやネットワーク機能を標準で備えたゲーム機は有りませんでした。
現在ではゲームの販売形態も随分と変化しましたが、もう5年・10年するとさらに大きく変化していることでしょう。
その時の新人社員達は、デビュー作をどういった形で永久保存するのでしょうか。


2014-02-02(Sun)

新人の指導

こんばんは。

私がゲーム業界に就職して結構な年月が経ったので、最近は新人の指導をする事が多くなりました。
私が就職活動していた頃と比べると、新卒で採用する人数もだいぶ減っています。
もちろん私の頃も狭き門でしたが、最近はそれに輪をかけて採用枠が少ないです。

新卒社員の数自体は減っていますが、その一方で、バイトなどの非正規雇用の数が随分と増えました。
会社や部署によって異なると思いますが、私の周りだと、正規雇用と非正規雇用の比率は10倍近くあるような印象を受けます。



以前も書きましたが、非正規雇用(今回はバイト)の内訳は大きく二つあります。
開発末期にチェックプレイなどを目的に短期かつ大量に雇用するものが一つ。
こちらは開発その物には関わりません。

もう一つがデザインやプログラムなど、直接開発に関わらせる為に雇用するものです。
がんばり次第で正社員登用もあるのが特徴の一つです。

最近は後者のケースで雇用されたバイト君の指導をする事が増えました。
バイトとはいえ、自分の部下として仕事に携わって貰うのですから、指導内容や業務内容は新卒採用の物と全く同じです。
これまで何人も指導してきましたが、各人の適性や性格を見極めつつ、臨機応変に指導内容を調整するのが大変です。


なぜ新卒採用を減らしてバイト採用を増やすのか?
ズバリ人件費を大幅に抑えるためです。 バイト契約だと福利厚生は貧弱で、ボーナスも出ません。
また、数ヶ月単位での契約更新なので、会社の状況に応じて契約を切りやすいという点も都合がいいようです。

「がんばり次第で正社員登用もある」と書きましたが、バイトから正社員契約を勝ち取るのはほんの僅か。
数年頑張って一人か二人なれるかどうか・・・といった状況です。

もちろん人間性や技術面が優れている必要があり、選考を突破するのは簡単な話ではありません。
ただ、それ以上に、会社側に積極的に正社員登用しようという意思が感じられません。
既に十分な技術と実績を身につけ、同年代の社員と比べても見劣りしない位に成長してくれたバイト君も居ます。
が、どうやら会社側には正社員にしようという意思がないようです。

社員が一人足りない。だから一人採用して問題解決。 という程簡単な話ではありません。
採用した人が技術や人間性といった面で優れているのかどうかは分かりません。
面接や作品選考で分かるのは表面的な物だけで、それ以上は一定期間働かせてみないと分からないものです。

だからこそ、仕事を覚えてくれた優秀な人材は貴重です。 余所に行ってしまう前に囲い込まないといけません。
が、どうにも会社の動きが鈍い。 鈍いというか正社員登用する気がなさそうです。
「人材」って言うくらいだから財産な訳です。 絶対人件費以上に利益をもたらしてくれるのに。

可能な限り上司には働きかけてはいますが、なかなか難しいです。
せっかく入ってくれた部下ですから、末永く会社で頑張って欲しいです。
しかし、バイト待遇で何年も働かせるのは気の毒です。

最近は上司に働きかけると同時に、他の会社で良い話があればそちらを勧めてみようかと思うようになりました。
貴重な人材が他社に流れるのは好ましくありませんが、若いバイト君の将来も考えてやらないといけないと思うのです。

会社にも色々都合があるのは重々承知しているつもりですが、もう少し人材という物について考慮して欲しいと思う今日この頃です。


プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: