2013-03-31(Sun)

頼むからサントラCDを発売して欲しいレトロゲーム

こんばんは。

以前の記事で「各機種・お気に入りのレトロゲームベスト10」を書きました。
書いていたら懐かしくなっていくつか久々に遊んでみました。

やっっぱり昔のゲームはいいなぁ、と再認識した訳ですが、思い出のゲームは内容だけでは無く音楽も素晴らしかったりします。

と言う訳で、今度は「今からでも遅くないから、サントラCDを発売して欲しいゲーム」を各機種10本ずつ上げてみました。



------

【ファミコン(ディスクシステム含む)】

1:ドラゴンスレイヤーIV
2:女神転生
3:沙羅曼蛇
4:大魔司教ガリウス2
5:ドラゴンスクロール
6:コナミワイワイワールド
7:ファザナドゥ
8:ヘクター87
9:グーニーズ2
10:ファミコンウォーズ

------

【PCエンジン】

1:イース1・2
2:マジカルチェイス
3:ラストハルマゲドン
4:ダンジョンエクスプローラー
5:TATSUJIN
6:イース3
7:ガンヘッド
8:シュバルツシルト
9:姐さん
10:スプラッシュレイク

------

【メガドライブ】

1:ファンタシースター2
2:スーパー大戦略
3:スーパーハイドライド
4:サンダーホーク
5:サンダーフォース3
6:ヴァーミリオン
7:ヘルツォーク・ツヴァイ
8:TELTELスタジアム
9:ドッヂ弾平
10:サイオブレード

------

うーむ、10本に絞るのは困難ですし、忘れて見逃しているタイトルも有りそうですが、とりあえずこんな感じですかね?
前回の「面白かったゲームベスト10」と被っている物もありますが、サウンドが強烈に印象に残っているゲームもありますね。
ファミコンがコナミ無双状態ですが、社内に有名なサウンドチームを持っている会社のタイトルが強い感じですかね。


こうしてみると、バーチャルコンソールなど現行機種に移植されているタイトルは少なく、サントラCDも余り発売されていませんね。
数年前、メガドライブの「スーパー大戦略」のサントラCDが突然発売されましたが、まさか20年後にサントラCDが出るとは夢にも思いませんでした。
思わず三枚も買ってしまいましたよ。 一枚は当時一緒に遊んでいた友人に送ってあげました。

ここで「沙羅曼蛇ならアーケード版のCDが有るじゃ無いか」とか思われるかも知れません。
しかし!!! もちろんオリジナル版も良いですが、、あの貧弱な家庭用ゲーム機の音源を駆使して作られたファミコンやメガドラ版の音楽にこそ味が有るのです。 ああ、分かって欲しいこのこだわり(?)。


リストを整理していて久々に聞きたくなってきました。
またファミコンを引っ張り出しましょうか・・・

2013-03-24(Sun)

まさかの交渉参加

こんばんは。


既に報道などであるとおり、まさかというか案の定というか、安倍政権がTPP交渉参加を表明してしまいました。
所属議員の大半が反対派だったし、多分大丈夫だろう・・・と思っていただけに、相当ショックでした。

安倍首相の記者会見など、一時ソースを色々確認してみましたが、チャンスだなんだと抽象的な表現に終始していましたね。

それどころか、「農業は~」とほとんど農業の話ばかり。
農業問題も重要ですが、前にも書いたように農業はほんの一分野に過ぎません。
医療や保険など、多くの分野に大きな影響がある事には全くと言って良いほど触れておりません。

三兆円の利益とか言っていましたが、日本の国力からするともはや誤差のレベル。
官僚がはじき出した最大限甘い数字が三兆円なのでしょうが、国のあり方を危機に晒してまで追及する数字でしょうか?


これから交渉で勝ち取る・・・みたいな事を強調していましたが、既に参加予定国の会合は十数回行われており、残された会合は臨時会合が有ったとしてもわずかに二回。
外交力が貧弱な日本が、たった一二回の会合で一体何を交渉するというのか?

農業に対する報道も疑問を感じます。
ひたすら農業を抵抗勢力に仕立て上げて叩く様子、これはまるで郵政選挙の再現のようです。

農業は過度に保護されているという意見もありますが、安全保障の観点から考えると、国内農業は保護して当たり前でしょう。
エネルギー・防衛・食料を他国に委ねることの危険性はちょっと考えれば誰でも分かる事です。
日本は既に大半を他国に委ねている異常な状態なのに。


相変わらず新聞などでは農業だけの問題であるかの様に報道し、これから交渉の余地などほとんど無い点などは全然触れていません。
こんな報道姿勢なのに、自分たちだけは軽減税率の対象にしようと主張している有様。


それにしても、安倍政権には期待していたのですが・・・
悪夢の様な民主党政権時代が終わり、ようやくマシな政権になったかと期待していました。

交渉参加表明後の国会答弁などを聞いていると、発言内容に不明瞭な点が多くて不安になるばかりです。
TPPに参加する事のメリットは明確に説明できず、デメリットに関しては説明すらしない。
このままうやむやにして参加まで持って行くつもりなのか・・・


この政治に対する怒りと絶望、何か懐かしいなと思っていたら、思い出しました。 数年前に起きた口蹄疫です。
あの時と同じような気分ですね・・・ 
地元選出の議員の動向を色々調べてみましたが、首相は相当TPP参加に意欲的らしく、説得しても無駄だった様ですね。


もうこうなったら、交渉が紛糾して破談になる事を祈るしか有りません。
「実は経団連とかの推進派を懐柔しつつ、不参加に持って行くための演技でした~」とかだったら良いんですが。


2013-03-11(Mon)

青春の8bit~16bitゲーム機時代

こんばんは。

突然ですが、今から20年程前に、「ファミコン」「PCエンジン」「メガドライブ」といった8bit~16bitゲーム機の時代が有りました。
当時の私はまだ学生で、今と比べると自由に使えるお金は少なかったですが、お小遣いをやりくりして買い揃えたゲームには愛着があります。

今はかなり減少した「ゲームショップ」も、当時はまだたくさん有りましたね。
ROMカセットの時代なので(CDドライブも有りましたが、主流はカセット)、電源投入から10秒以内にゲームをスタートできる時代でした。

ふと懐かしくなったので、ファミコン・PCエンジン・メガドライブで熱中したゲームをそれぞれ10本ずつ上げてみることにしました。



*シリーズ物の場合、特に注記の無い場合は「初代」を指す。

【ファミコン(ディスクシステム含む)】

1:ファミコンウォーズ
2:女神転生
3:ゲバラ
4:沙羅曼蛇
5:バトルフリート
6:バトルシティ
7:魂斗羅
8:ドラゴンスクロール
9:ミネルバトンサーガ
10:グリーンベレー(ディスクシステム)

------

【PCエンジン】

1:ネクタリス
2:邪聖剣ネクロマンサー
3:ダンジョンエクスプローラー
4:R-TYPE1・R-TYPE2(元々一つのゲームだった為、ここでは一本として計算)
5:スーパーダライアス
6:サイレントデバッガーズ
7:ガンヘッド
8:パワーリーグ
9:妖怪道中記
10:スプラッシュレイク

------

【メガドライブ】

1:スーパー大戦略
2:アドバンスド大戦略
3:ベアナックル2
4:サンダーホーク
5:エアロブラスターズ
6:DOOM(スーパー32X)
7:ヘルツォーク・ツヴァイ
8:ゴールデンアックス
9:モンスターワールド4
10:ザ・サードワールドウォー

------

こんな感じでしょうか。
10本に絞るのが難しい位、熱中したゲームがたくさん有ります。
ほとんどのゲームはバーチャルコンソール版を含め、未だに遊んでいます。

こうしてみると、3機種全てでシミュレーションゲームが一番な点が自分らしいなぁ、と思います。
「沙羅曼蛇」や「ゴールデンアックス」など、多人数同時プレイのゲームも好きでした。
FPSにはまるきっかけだった「Doom」とかも懐かしいですね。

開発元の倒産や、それに伴う版権管理の問題などで、バーチャルコンソール等での発売が期待出来ないゲームも結構ありますね。


機会があったら個別のゲームについて語ってみようと思います。
皆さんもバーチャルコンソールなどで是非遊んでみてください。

2013-03-04(Mon)

廃墟探索と怖い話

こんばんは。

私の本サイトの方をご覧の方はご存じかと思いますが、私は廃線跡を探索するのが趣味の一つだったりします。
現役だった頃を懐かしみつつ、朽ちて自然に帰る前に少しでも記録しておこうというのが動機です。

全国には似たような廃線探索を趣味とされる方々がたくさん居ます。
私など足下にも及ばないような、遙かに多くの場所を探索しているベテランも大勢居ます。

そんな大先輩達の廃線探索サイトを興味深く見ていると、その内「廃線」から「廃墟全般」へと変わっていきました。
線路・橋梁・工場・民家・・・ いずれ劣らぬ朽ち果てっぷりで、実に興味深い内容でした。



さて、廃墟の探索には危険がつきものですが、危険であると同時に、廃墟だけに「非常に不気味な場所である」という点でも共通しています。

廃墟探索系のWebサイトを色々見ていると、何時の間にか「心霊スポット」のサイトにたどり着き、さらに気が付いたら「怖い話まとめサイト」みたいなサイトにたどり着いていました。
どうやらネット掲示板に投稿された「怖い話」から、優れた物を選んで紹介しているサイトのようです。


どんな内容かといくつか読んでみましたが、実に怖い!
マンションでの一人暮らし。 深夜に怖い話を読むと、文字通り超怖い!!
いい年して情けない話ですが、だってホントに怖いんですよ。
基本的にフィクションなんでしょうけど、それでも怖い。

掲示板に投稿された話なので、当然ですが文章だけです。
それなのにここまで怖いということは、情報量が少ないゆえに、逆に想像力がかき立てられて、結果的に良い方向(?)に出ているのでしょうか。

昨今のゲーム機は表現力が大幅に強化され、CGも音楽も映画並みの水準になりつつあります。
しかし、この怖い話を読むことで、むやみに映像を強化すれば良い訳ではないという事を再認識しました。



とはいえ、怖い物は怖いです。
気分を紛らわせるために、明るい音楽でも聴きながら読もうと思いました。
色々試してみましたが、手持ちの音楽で一番明るい曲は「踊るポンポコリン」という結論に至りました。
数年前、あまりの懐かしさに思わずCDを買ったのです。


さて、明るい音楽を聴きながらであれば、怖い話の恐怖も和らぎます。 当たり前の話ですが。
では、逆に怖い話にうってつけな「怖さをかき立てる音楽」は何だろうかと思いました。
それを聴くことにより、怖い話がさらに怖くなる・・・

私は学生の頃から音楽が好きでして、映画・テレビ・ゲームなどのサントラCDをコツコツと買い集めていました。
全部で百枚以上は有るでしょうか。 この中から最も怖い音楽を探してみます。



キャアアァァァー お化けのCDが出てきたーーー!!!

・・・ではなく、これはかつて存在した「ファンキーホラーバンド」という架空のバンドのCDです。
見た目は不気味ですが、彼らは音楽好きで温厚な性格という設定で、音楽自体も実に良い。
実はメガCDでゲーム化されており、メガドライバーなら誰もが知っている事でしょう。

もっとも、不気味なことには変わりないので、もし廃墟探索中に彼らに遭遇したら、ショックのあまり帰らぬ人になりそうです。



さて、色々探してみましたが、やはりホラーに最適な音楽はこれしかないでしょう。



「かまいたちの夜」のサントラCDです。
サウンドノベル好きなら誰もが知っている、超有名タイトル。 一作目はスーファミでしたね。

ゲーム自体がホラーなので、音楽ももちろんホラーです。 しかもまた出来が良いんです。
中には明るい曲もありますが、基本的にダークな感じの曲が多いです。

この中から特に「怖い話」に合いそうな曲を選んで見ました。

・01:かまいたちの夜
・10:うろつく殺人犯
・13:疑心暗鬼
・21:せまりくる恐廟
・23:殺人鬼
・01:監獄の館(二作目)


この辺りですかね。

曲名からしてヤバイです。なんですか「うろつく殺人犯」って。
いや、そういうゲーム内のシーンに合わせて作られた曲だから、文句を言うのもなんですが。

曲名を観ただけで恐怖度200%アップ、聴きながら読んだら恐怖度3500%アップです。
日中ならともかく、深夜に読みながら聴くのはキッツいですな。


本当にいい仕事をしています。 まさにプロの仕事です。
みなさんも手元にサントラCDがあったら、是非試してみてください。


プロフィール

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: