--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-09-26(Wed)

新人の仕事

こんばんは。


コンビニエンスストアはその名の通り便利な店なので、買い物や宅配便の手配などで結構利用します。
店に行くと、時々研修中の新人店員を見かけることが有ります。
今回は「新人」をテーマに書いてみます。



研修中のコンビニ店員さんは、当然ですが研修中なので、仕事のノウハウを持っておりません。
なので、仕事の内容によっては、結構あたふたして焦ることもあるようです。

個人的に感じた、新人店員が混乱しがちな業務Top3を挙げてみると・・・

■3位:商品に関する質問対応。(最近は入荷しないのか? 宅配の回収は何時頃か? 等々)
■2位:公共料金の支払い対応。
■1位:宅配便の受付対応。


この三つが特に難易度が高いようです。

私はヤフオクで出品した際に「はこBoon」を利用します。
これはヤマト運輸が担当する宅配便の一つで、ファミリーマートで受け付けています。

このサービスを取り扱う際に、(初心者には)ややこしい構造のビニール袋に、これまたややこしい構造の4枚の受付票を分割して封入する必要があります。
また、大抵の場合は割れ物シールも貼ることになります。 これをうっかる忘れる新人店員も居ます。

新人さんがこの対応に出くわした際、大抵の場合、焦ってしまうようです。
別に5分位待たされてもいいので、焦らずゆっくりやってくれれば良いですが、後ろにレジ待ちの列が出来ると、どうしても焦ってしまうのでしょう。



今度は私の勤め先であるゲーム企業の例を書いてみます。

学生時代から既に同人ゲーム等を作り上げる凄腕の新人も居ますが、やはり組織の一員としての仕事は慣れないこともあって苦労も多いようです。
そんな彼らが特に苦労する業務と言えば・・・

■Softimage(旧XSI)のレンダーツリー
■データの出力&ビューワーでの確認
■勧誘電話対応


等ですね。 主にデザイナーからの視点で見た例です。

3DCGツールのSoftimageには「レンダーツリー」という機能があり、ここでテクスチャーやマテリアル、各種フラグの管理をしたりします。
慣れると非常に便利な機能なのですが、初心者が見ると訳が分かりません。 混乱は必至です。

「データの出力&ビューワーでの確認」ですが、デザイナーの主要業務の一つに、前述のSoftimageなどで作成したデータを出力し、それをビューワーに転送して確認するという物が有ります。

ビューワー上では背景やモーションと組み合わせたり、光源やシェーダーなどを設定し、より実機に近い状態で表示することが出来ます。
ここで確認した結果次第で、さらに修正を加えるか、完成形としてゲームに組み込むかを判断します。

しかし、このビューワーがくせ者です。
3DCGツールであるSoftimageは市販ツールなので、解説書や関連したwebサイトが豊富に有ります。
しかし、ビューワーは大抵の場合、その会社独自の社内ツールなので、親切丁寧に解説した資料は存在しません。
ドキュメントが整備されていればいいですが、市販ツールに比べると習得するのが大変と思われます。
出力するエクスポーターも社内製が多く、オプション項目がたくさん有ると混乱することが多い様です。


最後が「勧誘電話対応」です。
マンション・ケーブルテレビ・光通信・新聞・宗教・・・ 電話や訪問、街頭セールスなど、勧誘の種類は様々で、中には悪質な物も有ります。

そんな鬱陶しい勧誘の電話が会社にもかかってきます。 会社に来るのはマンション等が多いですね。
大抵の場合、電話対応は新人の仕事なのですが、うっかり勧誘の電話を取ってしまうと大変です。
慣れない人が勧誘を断るのは大変なのです。 しかも場所は職場。 余計焦ってしまうようです。
私も昔は勧誘を断るのが苦手でした・・・

(勧誘)今、お時間よろしいでしょうか?
(私)よろしくないです。 ガチャリ。

(勧誘)魅力的な投資の案件があるのですが。
(私)じゃあ、あなたが投資すれば良いじゃないですか。 ガチャリ。

(勧誘)○○さん(私の名前)はいらっしゃいますでしょうか?
(私)先月解雇されました。 ガチャリ。

・・・これくらいお茶目な対応ができると楽しそうですが。

不正に仕入れた名簿データを使い、恐れ多くも職場に勧誘の電話をかけてくる業者。
忙しい仕事中に構っている暇など有りません。 即・不要だと伝えて速やかに電話を切りましょう。

新入社員は電話担当を任されることが多いと思うので、今から慣れておくと良いかも知れませんね。


スポンサーサイト
2012-09-20(Thu)

今日からTGSです

こんばんは。

今日から東京ゲームショー(TGS)が始まります。
私の勤め先も当然出展するのですが、その準備に大わらわでした。



学生時代は一般客として行っていたTGS。 会場をぐるりと一周してもなお途切れない入場待ちの行列に唖然としました。
が、それでも今と比べれば随分と気楽でしたね。

一旦作る方(出展する方)に回ると、その準備が非常に大変です。
制作中のゲームを一旦区切って、TGS出展用の専用バージョンを作らないといけません。
映像のみを見せるのか? ある程度プレイ可能な状態にするのか?
プレイ可能ならどこからどこまでを公開するのか? それで面白さが伝わるのか?
考えるべき事はたくさん有ります。

考えたら今度は作らないといけません。
特定の部分だけを遊ばせるだけなら割と話が早いですが、中途半端な箇所からプレイが始まり、中途半端な箇所で終わっても意味不明ですから、それなりの演出(イベントシーンなど)を作る必要があります。
作り終わったら地獄のデバッグ作業が始まります。 ひたすらプレイしてありとあらゆるパターンを試して、不具合が出たら修正してまたチェック・・・

他にもポップや配布物向けの素材も作らないといけません。
公式WebやTwitterも随時やる必要があります。

等々、TGSに出展するとなると、それだけのためにやるべき事が色々出てくる訳です。
ゲームや出展内容などにもよりますが、TGSに出さない場合、開発期間が少なくとも一ヶ月は短縮できそうな気がします。



とはいえ、自分が作っている商品をユーザーが実際にプレイしている様子を見られる機会はなかなか有りません。
じっくり遊んでくれる人もいれば、一分もしないうちに放り出して去って行く人も居ます。
今回はどんな反応なのか・・・期待も不安も有りますが、楽しみですね。

週末は忙しくなりそうです。
みなさんも是非幕張に行ってみてください。




2012-09-19(Wed)

中国出張が・・・

こんばんは。


引き続き中国情勢に関する記事です。

同業他社に多くの知り合いが居ますが、彼らの勤め先もまた中国事業を展開しています。
事業の規模や内容は様々ですが、とりあえず大手ゲーム企業で中国で事業を展開していない所は少ないでしょう。

で、彼らに最近の様子を聞いてみると、ほとんどが中国への出張を禁止しているようです。
台湾は通常通りですが、香港は要注意扱いですね。 北米や欧州などでも、中国人居住地区へ立ち入る際は注意するように通達が出ている様です。

実は私の勤め先も同様でして、既に中国への出張は完全に禁止されています。
出張内容も技術指導・視察・イベント対応など様々ですが、内容を問わず、全面禁止になっています。

いつ再開されるのかは不明です。
日本が尖閣問題で譲渡すれば沈静化するのでしょうが、下手に譲渡する事は国土を放棄する事も同然ですし、世界に間違ったメッセージを発信することにもなりかねません。
簡単には譲渡できないし、すべきでは無いでしょう。

そんなわけで、当分、少なくとも年内は中国出張の話はなさそうです。
仮に沈静化しても、今後の中国事業を縮小する可能性が有ります。



現地(上海)に居る知り合いの駐在員に連絡を取ってみましたが、社内は一応平常通りだそうです。
が、激化が予想される数日間は臨時休暇になりそうだとのこと。

ファミリーマートやCoCo壱番屋など、現地駐在員がお世話になっている日系店舗も営業停止状態ですし、カルフールなど外資系スーパーも日本製品を撤去し始めている事から、現地のスタッフはかなり苦しい生活を強いられています。


私が以前指導した現地のスタッフ達は元気にやっているのでしょうか。
何人かは既に辞めたそうですが、大半はまだ現地支社で健在のようです。
凄く気さくでお世話になった警備員のおじさんとか、騒動に巻き込まれて怪我などしていなければ良いのですが。

久しぶりに会ってみたいですが、再び中国出張に行ける日は来るのでしょうか・・・


2012-09-17(Mon)

中国の暴走とゲーム業界

こんにちは。


皆さんご存じかと思いますが、中国が暴走しております。

(1):歴史や事実を歪曲・捏造
(2):(1)に基づいて国民を扇動
(3):(1)に基づいて他国の領土を侵略
(4):経済制裁などをちらつかせて妥協を強いる
(5):(1)に戻って繰り返し

ずっとこの繰り返しです。 よく政治家やマスコミが「未来志向」「大局を見据えて」「棚上げして冷静に」とか言いますが、棚上げして冷静になるのは日本だけで、中国(韓国もですが)はその間どんどん増長する有様です。
現在も中国に居る邦人や関連資本への襲撃が続いています。

多くの日中間交流が中止になる中、経団連による訪中は中止になっていないようです。
恐らく経済制裁をちらつかせて、経団連から日本政府へ圧力をかけさせるのが狙いではないでしょうか。
悲しいですが、彼らは利益のためなら平気で国を売りそうな気がします。



それはさておき、私の勤め先を始め、日本のゲーム企業の多くが現地に事業所を構えています。
そこで働く駐在員はかなり恐怖を感じているようです。

上海支社で働く同僚に連絡を取ってみたところ、今のところ無事だが、日中は安全面を考慮して出歩けないとのこと。
家族で滞在している人の中には、万が一のことを考えて奥さんと子供を帰国させた人も居ます。

私も上海に何度か出張しましたが、現地では日本料理店(上海にはCoCo壱番屋や味千ラーメンなど、日系の飲食店が多数有る)に行くことが多かったです。
駐在員も日本食が恋しくなったらそいういった見せに行くことが多い様ですが、暴動が収まるまでは襲撃の危険を考慮して避けているそうです。

なにしろ、中国政府は日系店舗への襲撃を黙認している上に、愛国無罪を唱えれば罪にも問われない状況です。
もはや自分で何とかするしか方法が有りません。



あまり突っ込んだ話は出来ませんが、現在の所、私の勤め先では中国事業を見直すという動きは内容です。
が、今後どうなるかは分かりません。

・高騰する人件費
・現地スタッフへの指導に必要な手間暇
・スタッフの流出(すぐ転職して居なくなる)のリスク
・反日感情や暴動などで被害を被るリスク
・指摘財産権の保護などに対する不安
・ある日突然変わる条例や法律(もちろん中国に都合の良い内容)

等々、ハッキリ言ってリスクが大きすぎます。
確かに市場が大きいのは魅力です。 しかし、その分競争は激しく、利益を出せるかは別問題です。
また、技術やノウハウを十分に吸収したら、法律改正などで外資系を閉め出し、自前でそっくりな商品を売り出すという流れも珍しく有りません。 新幹線の悲劇が良い例です。
これは中国に限らず韓国でも同じ事が言えます。

個人的にはインド・ベトナム・インドネシアなど、もっと他のエリアに目を向けるべきだと思います。
少なくともまともに法律や外交が機能している国が良いです。



元々中国出張を承諾する社員は凄く少なかったのですが、今回の流れでますます減るでしょう。
また私に白羽の矢が立ちそうな気もしますが・・・

治安面での不安も有りますが、ここまで酷い事をされて、その上で中国の為に何かをしようという気になれるのかどうか・・・
今回の事件だけで中国に対する評価を決定するのは早計だとは思いますが、日本が甚大な被害を被っているのもまた事実な訳で。

どうにかならないものですかね。




2012-09-11(Tue)

ついに新聞を解約しました

こんばんは。


表題のとおり新聞を解約しました。
長いこと情報収集用に新聞を購読してきましたが、色々なきっかけで偏向報道の実態を知ると、それ以降は新聞やテレビに対する強い不満を感じていました。
どこかの誰かが言っていましたが、テレビは「嫌なら見なけりゃいい」ので、最近は全く見ていません。

しかし、新聞はお金を払って購読しているわけで、価値が見いだせないならお金の無駄です。
最近は解約すべきかどうかずっと悩んでいました。
この辺の事に関しては、ブログでも何度か書いていたのでご存じかも知れませんね。



で、我慢の限界に達したのでついに解約したというわけです。
といっても、すぐさま解約したのではなく、次回の更新はしないという事です。

私は学生時代に新聞配達のバイトをやっていましたので、思い入れもある媒体ですし、配達や集金の大変さは分かるつもりです。
また、昨今はネットが普及しているので、色々大変だろうなとは思います。

しかし、もう代価に見合わないという結論に至った以上、更新はできません。
「申し訳ないけど、もう読まないことにしたんですよ。」と馴染みの人に伝えるのは気が重かったです。


「なんとか契約して頂けませんか。 確かにネットよりは速度面で劣りますが・・・」と言われました。
違うんですよ。ネットより遅いとかそういう面で解約を決めたんじゃ有りません。
誇張・歪曲・捏造・無視などにまみれた「偏向報道」が許せないし、お金を払う価値が無いと思ったから解約するんです。
「ネットとの競合で負けた」とか思っている時点で間違っています。

もちろんネットの情報が全て正しいなどとは全く思いません。
むしろ半分以上はろくでもない情報が溢れていると思います。 掲示板やTwitterなどの情報を鵜呑みにするのはかなり危険です。

でも、以前も言いましたが、ネットには新聞やテレビなど既存のマスコミが報じない情報(真実)も転がっています。
また、一方的に相手から情報を送信されるだけの新聞テレビと違い、ネットは情報の取捨選択ができるし、自分で情報を発信したり、他人と意見交換をすることも出来ます。

機能面で劣っているのに加え、看過できないレベルの偏向報道。
もはや新聞やテレビはその役目を終えつつあります。



今回、私は新聞の契約を更新をしないことに決めました。
しかし、偏向報道が無くなり、情報媒体として価値が有ると思えば再び契約するつもりです。

・・・その時が来れば良いですが。 


2012-09-02(Sun)

たまにはネコに癒やされてみるか2

こんばんは。
暑い日々が続きますが、こんな時だからこそ(?)、ネコで癒やされましょう。



【雑談キャットat廊下(ZCAR)】


「今夜はデケェ“集会”があるからよォ。 ビッと“気合い”入れていくゼ?」
「余所の“縄張り”の奴等とかち合ったら、ソッコーで“リューヤ”クン呼んでこい。 !?」

・・・等と話し合っているのかは不明ですが、シリアスな表情で屯しております。

【見つめキャットin部屋(MCIH)】


ネコを撮影するのは難しいです。
互いに信頼関係が無いと、近づいただけで逃げたり警戒態勢に入ってしまい、せっかくの撮影チャンスが無駄になります。
逆になつきすぎていると、今度は寄ってきたりして撮影ができません。

撮影体制に入ってもネコの姿勢や表情に変化が出ない、絶妙な信頼関係と互いの距離、そしてタイミング。
難しいですが、ネコを撮影するのは楽しいですね。


プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。