2010-09-25(Sat)

中国出張はもう限界か・・・

こんばんは。

ここ数日、国内で最もホットなニュースと言えば、領海侵犯をした中国漁船の船長を釈放してしまった件でしょう。
これまでの経緯はニュースで報じられている通りですが、結局の所、中国の圧力に屈してしまったという事です。

政府は沖縄地検の判断による釈放であり、政治介入は無いと言っていますが、これほどまでに重大な事柄を地検だけの判断で行ったとはとうてい思えません。
まず間違い無く政府民主党の政治判断があったと見るべきでしょう。

仮に違ったとしても、首相や外相が不在の時にこれだけ重大な判断がなされてしまうという、政府の無能さをさらけ出しているようなもので、どちらにしても駄目駄目です。

個人的には最低の結果になってしまったと思います。

600人もの議員や関係者を率いての中国詣で。
慣例を無視しての晩餐会への根回し。
来日ビザの緩和など、様々な優遇措置。
「友愛」なる意味不明な土下座外交。

その結果がこの有様という訳です。



これまでに中国が取った対抗措置(圧力)をいくつか列挙してみると・・・

(1)日中首脳会談等、各種会談・交渉の中止
(2)日本への旅行の自粛要請
(3)東シナ海ガス田における、条約無視の採掘開始
(4)レアメタルの対日輸出停止
(5)国連などでの、事実無視の侮辱的な談話
(6)中国在住の日本人駐在員の逮捕・抑留


この中で「(4)レアメタルの対日輸出停止」に関しては、ついこないだの記事でレアメタルに触れたばかりですが、早速外交カードとして使用してきましたね。


日中両国は経済的な繋がりが非常に深いので、仮に両国の関係が悪化すると双方にダメージが有ります。
しかし、一説に依れば、相手側の方が切るべきカードをたくさん持っており、どうにも日本の方が立場が弱いとか。

今回の件は国内外の誰が見ても「日本が中国に屈した」形になっており、相手はますます強硬姿勢に出てくる事は間違い有りません。
尖閣諸島の領有権問題も、アジア地域における日本の立場も大きなダメージを負ってしまったと思います。


どう贔屓目に見ても、日本は周辺国に恵まれていません。
国家レベルでゆがんだ反日教育をしている中国・韓国・北朝鮮はもちろん、ロシアも最近は自動車関税の引き上げや対日戦勝記念日の制定など、かなり強硬な姿勢を見せています。

ちなみに、日本の主要テレビや新聞は韓国の強い影響下にあるので、韓国に関するネガティブな報道はほとんどありません。
一方で韓流ドラマやスターの押し売りが凄まじく、多くの人が「両国は友好的」と考えているかも知れません。

しかし、実際は韓国も凄まじい反日教育を施している国です。
何故そうなのか、何故日本国内では報道されないかは是非調べてみてください。



ここまでは国家間レベルの問題ですが、これからは我々一般の国民に対しての影響を考えてみます。


最近はゲーム業界も近隣アジア諸国にアウトソーシング(一部業務の委託)をする事が多いです。
私もその一環として中国の上海に出張しましたが、別の同僚は台湾や韓国の下請け先へと指導や管理などで出張しています。

他の会社の事情は分かりませんが、私の勤め先の場合、「海外出張専門のスタッフ」が居る訳ではなく、その都度出張するスタッフが選ばれます。

選考の理由はスキルや語学力などはもちろんですが、個人の意志が大きく尊重されます。
つまり、「中国に行ってくれないか?」と問われ、了承したスタッフが行くという訳です。


単刀直入に言うと、中国出張を喜んで引き受けるスタッフは非常に少ないです。
海外出張は全体的にあまり人気が無いですが、中でも中国出張は群を抜いて人気が無く、断固拒否をするスタッフも多いです。

断れば貴重な海外経験の機会を失うだけでなく、消極的な姿勢でマイナス評価となる可能性も高いです。
しかし、それでも嫌がるスタッフが多いのです。


それは何故か?

ズバリ中国のイメージが最悪だからです。
特に衛生管理の劣悪さに対するネガティブなイメージが半端ではありません。

実際、中国に出張したスタッフのほぼ全員が下痢などに見舞われています。
私もその一人で、過去数回の中国出張において、風邪・下痢・百日咳などに見舞われました。
(これらは水を含む生物を避けることや、うがい手洗いを徹底する事で回避できました。)



しかし、ここに来て今回の事件・・・

わずかにいた「中国出張許容派」は、限りなく滅亡してしまったと思います。
それも仕方のないことです。

何度謝罪しても援助しても、それを国民に知らせず、それどころかいつまで経っても反日教育を続ける。
今回のように自分に非があるのに信じられないような強硬姿勢。
挙げ句の果てには様々な対抗措置を繰り出してきて、ついには日本の駐在員を逮捕してしまいました。
これで「中国出張に行ってみないか?」と言われても快諾できるはずがありません。


これまでは、自分で体験した「海外出張の面白さ」や「現地スタッフとの交流の楽しさ」等の魅力を踏まえながら、より多くの同僚に海外出張へ行って貰うように勧めてきました。

しかし、今回の事件でそれももう無理ですし無駄です。
そもそも、私自身が大きく情熱をそがれてしまいました・・・

出張を通じて個人的に親しくなった現地のスタッフが居るからこそ、最後の一線で踏みとどまれていますが、これから他のスタッフに勧めることは、少なくとも中国や韓国に関しては、もう無いでしょう。

非常に残念です。


2010-09-19(Sun)

上海支社、現在の所問題なし

こんばんは。


既に以前からの報道で知っていると思いますが、現在日中関係が緊迫しています。

特に本日18日は満州事変の発端となった「柳条湖事件」が発生した日時という事で、
中国本土や香港、ニューヨークなど、いくつかの都市では反日デモが開催されたようです。



私が勤める会社には上海支社が有り、今もそこでかつての同僚が駐在員として働いています。
無事かどうか不安だったので、電話やメールで連絡してみました。

すると、社内はもちろん、市内も概ね平和で、特に問題は無いとのことでした。
今回だけでなく、数年前にもっと激しく反日暴動が吹き荒れた時も、社内はいたって平和だったそうです。

拍子抜けしましたが、とりあえず無事で何よりです。


少し前に、私も出張で上海支社に足を運び、現地のスタッフ達と一緒に仕事をしました。
一緒に深夜残業をしたのが一番の思い出でしょうか。

深夜残業はゲーム業界を代表する悪しき習慣の一つです。
しかし、異国の地で違う国の人と一緒にする深夜残業というのも、なかなか面白かったです。
文化祭の準備で遅くまで学校に残っている時のような気分だったような・・・

そんな彼らが黙々とゲーム造りに没頭し、残業に対しての不満も言うし、机の上にはフィギュアが置いてあるのを見て、「ゲーム業界は何処へ行ってもゲーム業界だなぁ」と思いました。




日本国内に居てWebやテレビのニュースを見ていると、そこから発信される情報でしか物事を判断できません。

特に、中国や韓国に関連したニュースはトラブル系の内容が多く(偏向しているテレビは除く)、この状況で彼らに良い印象を抱けと言ってもかなり難しいです。


しかし、実際に現地に行ってみると、意外と冷静であまり日本の事を気にしていない人が多いようです。
外資系の企業になるので大卒などの人が多いでしょうし、彼らは情報収集力や考え方が一歩ぬきんでているのかもしれません。
(政府の報道などは基本的に信用していないと彼らが話していたのが印象深かったです。)


日中間に様々な問題が存在するのは事実です。
安易に技術供与してしまったばかりに、「中国産の高速鉄道」という触れ込みで、世界中で次々と採用されて行く中国の新幹線の件では、私もはらわたが煮えくり返る様な気分です。


が、ネガティブなニュースばかりを見ていると憎悪ばかりがかき立てられますし、一部を見て全てを否定するのもどうかと思います。

問題の存在から目を背けるのは駄目ですが、くれぐれも冷静かつ広い視野で判断しましょう。





2010-09-11(Sat)

今年のアミューズメントマシンショー

おはようございます。


昨日はアミューズメントマシンショーを視察してきました。
会場を歩き回ったり、ショーの後に業界の友人達と飲み会などをして疲れたからか、昨夜は爆睡してしまいました。

ちなみに、幕張メッセ付近で飲み会をするのならば、海浜幕張駅周辺に色々な店があります。
例えば「プレナ幕張」というビル内には、食べ放題メニューがある飲食店が多数入居しているのでオススメです。
ぐるなびのクーポンと組み合わせれば、さらにお得です。



さて、ショー自体はどうたったかというと、正直なところ、これといった目玉は無かったです。

少し前のショーくらいから、3D映像を使用した作品がチラホラと登場し、今回もありましたが、まだ主流という訳ではなく、今後も主流になるかどうかは分かりません。
(機材やコストなど、色々課題もありますので)


イベント規模も東京ゲームショーに比べると小さいですし、しかもその半分ほどがプライズ(景品)や関連機器の展示です。
また、アミューズメントマシンショーにはコナミなどが出展しないので、純粋なゲームだけで見ると本当に少ないです。

その数少ないゲームも、ほとんどが既存のゲームのバージョンアップ物です。
良くも悪くもそう言う時代なので仕方がないのですが、目新しさという点ではインパクトは無いですね。

今年はコスプレイベントを開催する様ですが、来週には東京ゲームショーが控えているので、コスプレイヤーの方々がこっちに参加してくれるかどうかは未知数です。



さて、今年はプライズ(UFOキャッチャーなどの景品の事)関連の展示を重点的に見てきました。
参入しているメーカーが多く、展示面積も大きいので結構楽しめます。
同僚達とプライズの動向やそのアイデアなどに関してあれこれと語り合いながらチェックしてきました。


■ディズニーやハローキティ等
これはもうプライズの超定番です。
かなり昔から有りますし、今後もプライズが存在する限り、これらの商品も続くでしょう。

■ドラえもんやリラックマなど
これも定番ですね。 誰もが知っているし可愛いので大人気でしょう。
特にリラックマは、男の私から見ても凄く可愛いです。
動物系のプライズは人気ジャンルですが、個人的にはリラックマが一番可愛いと思います。

■けいおん、ハルヒ、エヴァンゲリオンなどのアニメ系
アニメキャラのプライズも人気ジャンルです。
その時にヒットしている作品がプライズ化されるので、ラインナップはその都度変化しますが、エヴァンゲリオンなどは定番化されているようです。


等々、何年経っても変わらずに人気のある作品もあれば、最近登場した新たな作品もあり、見ていて興味深いです。

人気作品の版権は、おそらく水面下で壮絶な争奪戦が繰り広げられているのでしょう。
担当部署の方々、本当にお疲れ様です。



・・・・実は、今年は衝撃的なプライズを発見しました。
ズバリ、「抱き枕カバー」「立体マウスパッド」です。

可愛らしいプライズに混じって、突然これらの商品が展示してあると、本気でビックリします。
ビックリするというか、見ているこっちが赤面します。

作るなとは言いませんし、そもそも悪いとか言う物でもないですし、需要もあるのでしょう。
でも、さすがに困惑します。(特に立体マウスパッドは・・・)


今日は一般日ですが、親子連れがあれを見たらどうなるのでしょう・・・・
平和な一日になりますように!


2010-09-09(Thu)

今週末はアミューズメントマシンショーです

こんばんは。


今週の土曜日は幕張メッセにてアミューズメントマシンショーが開催されます。
実際は本日(木曜日)からの開催ですが、木曜と金曜はビジネスデーなので、一般者は入場できません。


ショーの概要をチェックしてみると、ショーの後援組織に「経済産業省」「国土交通省」「日本経済新聞社」とあります。
経産省と日経はともかく、国土交通省というのが今ひとつピンと来ません。

恥ずかしながら、国交省と私の勤める業界との接点がよく分かりません。
ちゃんと調べておきます。



ビジネスデーが二日間で、一般開放が一日だけというのは、このショーの特殊性というより、
アミューズメント業界の凋落を表しているような気がします。

来週末は同じ幕張メッセで東京ゲームショーが開催されますが、規模や来場者数などは比較になりません。
アーケード関連のショーも、格闘ゲームや音ゲーの全盛期にはかなり盛り上がっていたのですが。


そういえば、あの頃はアーケードのショーにもコスプレイヤーがたくさんいたりして華やかでした。
SNKなど、人気の高いキャラクターコンテンツを多数所有しているメーカーが元気だった事も有ると思います。

最近は各社とも、当時以上にキャラクターに力を入れていると思います。
しかし、ショーその物が元気がないのでコスプレイヤーも去っていったのでしょうか。
(ちなみに、東京ゲームショーにはあふれんばかりのコスプレイヤー達が集結します。)


・・・等と思っていたら、今年のアミューズメントマシンショーはコスプレイベントを開催する模様です。
なんでも、

・コスプレイヤー専用無料更衣室の設置
・コスプレ広場の設置
・コスプレイヤー専用無料フォトシール機を設置

等々、かなりバックアップして盛り上げようとしています。
盛り上がってくれると良いですね。



そういえば、数年前の東京ゲームショーを視察に行った際、何故か「キムジョンイル(金正日)」のコスプレをした人がいました。
全くゲームキャラとは関係が無い、というか隣国の国家主席のコスプレなので、かなりビックリしました。

しかも、あり得ないくらいクオリティーが高かったのです。
あの作業服のような服装、サングラス、ややパーマがかったようなヘアスタイル、全体的な挙動、etc・・・

彼も最近は後継者問題とかで忙しいと思いますが、まさか海の向こうでコスプレされているとは夢にも思わないでしょう。


2010-09-08(Wed)

外国人が選ぶ日本の首相って何だ?

こんばんは。

ここ最近、ニュースなどで頻繁に目にする話題と言えば、やはり与党民主党の代表選でしょう。
余り報道されていませんが、この代表選で問題になっているのが「外国人が投票できる」という点です。


民主党の代表選も、自民党の総裁選も、基本的にほとんどの国民は投票権を持っていません。
党の議員以外では、「党員」や「サポーター」と呼ばれる、登録されたごく一部の人達だけに投票権が有ります。

で、今回の代表選において何が問題なのかというと、「民主党の党員・サポーターには外国人もなれる」という点です。
党員やサポーターになれるということは、当然ながら代表選における投票権が有ると言う事です。
(*この「外国人」とは、帰化した人ではなく、外国籍の人の事です。)


実質的に日本の首相を決める選挙なのに、ほとんどの日本人には投票権が無く、その一方で一部の外国人には投票権があるというのは不思議な気がします。

仮に首相(党代表)候補の選挙公約が対照的に分かれた場合、彼らの都合の良い公約を掲げている候補に投票するであろう事は言うまでも無いでしょう。

よくよく考えると、この代表選は、問題になっている「外国人参政権」が既に一部で実現しているも同然ではないでしょうか。



「外国人参政権」とは、日本国内の選挙に外国人が関与出来る権利の事です。
選挙には「地方選挙」「国政選挙」、権利には「選挙権」「被選挙権」が有ります。

外国人参政権の話題になると、「他でもやっている国があるから」「外国人も税金を納めているのだから」「地方選挙だけなら」などと言った賛成意見を聞くことがあります。

しかし、失礼ですがそんなに単純な問題ではありません。
どういった国が実施していて、状況はどうなっているのか? 税金は何に使われているのか?
地方の問題が国のあり方にどれほど大きな意味と影響力を持っているのか?
また、日本における外国人参政権の何が問題なのか?

詳しくは是非調べてみてください。


【 外国人参政権に賛成している政党 】
・民主党
・公明党
・社民党
・日本共産党

【 外国人参政権に反対している政党 】
・自民党
・みんなの党
・国民新党
・たちあがれ日本



この外国人参政権に関する法案はこれまでに何度となく提出されましたが、自民党政権が全て廃案にしてきました。
民主党、公明党、日本共産党などは、野党時代を含め、数十回ほど法案を提出しているようです。

ちなみに、各党とも賛成派と反対派の議員が混在するようです。
しかし、党としての見解・方針は明確に打ち出しています。

与党民主党は首相以下、主要閣僚をはじめ、多くの議員が賛成しています。
しかし、法案成立に積極的なのに、マニフェストには掲載せず、ほとんどのメディアも報じません。


昨年の衆院選では民主党が圧倒的な議席を獲得し、政権を奪取しました。
にもかかわらず、なぜこれまで成立してこなかったのかというと、連立与党を組んでいる国民新党が明確に反対しているからです。

今後連立組み替えなどが起きて国民新党が連立政権を離脱する可能性は高いと言われています。
その状況で賛成派の政党が連立政権に加わったり、あるいは野党のままでも、採決時に賛成に回って過半数を超えれば、もう成立を阻止する術が無いと言うことになります。



私は北米や欧州、中国などに行った事が有ります。
旅行やホームステイなど、目的は様々です。

一昨年は仕事の技術指導で中国へ行き、一方で研修生の世話などをしたこともあります。
また、オンラインゲームなど、ネットを通じて知り合った外国人の人も居ます。

彼らと交流する事は非常に楽しいですし、是非とも日本に遊びに来て欲しいと思います。


しかし、それと政治は全く別の話です。
何度考えても、日本の政治に外国籍の人が関与するのはおかしいと思います。

残念ながら、主要メディアのほとんどはこの問題を意図的にスルーしています。
何故そうなのかを含めて、この機会にみなさんも調べて、そして考えてみてはどうでしょうか?



2010-09-05(Sun)

ゲームは「普通」じゃ作れない?

どうもこんばんは。


先週はCEDECで忙しかったですが、得る物も多く、旧友との再会も出来て充実していました。
来年も行くことになるでしょう。



さて、CEDECで講演をする人は、基本的に何処かのゲームメーカーで何かのゲームを作っている人達です。

そう言った人達の講演を聞きながら、「ああ、このゲームはこういった人達が作っているのだな」と、感慨深い気持ちになります。

もし、私が講演をしたならば、「あのゲームを作ったのはお前か!!」等と襲撃、もとい感謝されるのでしょうか?
同僚が講師デビューしたことですし、講師に応募してみるのも一興かもしれません。


セッションを開催する場所にも依りますが、数十~数百人もの聴衆を前にスピーチをするスキルが重要ですね。
もちろん内容も重要で、時間やお金の無駄と思われるような内容では意味がありません。



ところで、講師の人達の話を聞いていると、程度の差こそあれども、みんな自分の仕事に強いこだわりを持っていると感じます。

ポリシー、ビジョン、プライド。
これらがしっかりとしているからこそ、良い仕事ができるのかも知れません。


自分も仕事にはこだわりを持っていますし、取りかかる前にはテーマやビジョン、妥協できない点などをしっかり確認してから取りかかっているつもりです。

特に気をつけているのは「こだわりと私物化を混同しないこと」でしょうか。
仕事に拘っているつもりが、いつの間にか仕事を私物化してしまう例があります。

上手く説明できませんが、自分にとってのベストと、プロジェクトにとってのベストは必ずしも一致しません。
そこを間違えると良くない結果になりがちです。



「拘り」と言うと聞こえは良いですが、経験を元に言うと、あまり美しい物ではありません。
他人、それも業界関係者以外から見ると、奇異な姿に映るかも知れません。

オタク、マニアック、病的・・・
何かに強い拘りを持って取り組めば取り組むほど、それに対する評価は微妙になりがちです。


しかし、こういった拘りこそがゲームの深みを出す原動力であると思います。
好きこのんで夜中まで残って作り込む。 この拘りが支えるクオリティーとでも言いましょうか。

特に自分が好きな分野に対しては、安易に妥協したくないという気持ちはありますね。


・・・もう何年も前の話になりますが、とあるロープレ制作の携わっていました。

ある日のミーティングにて、「ヒロインのインナーの色をどうするか」というテーマで議論が起き、終わった頃には23時を過ぎていました。
眠いとか疲れた以上に議論のテーマが意味不明すぎて、「もう、こんな生活嫌だ・・・」と思いました。

しかし、今思うと、ああいった拘りの積み重ねでゲームは深みを増して行くのだな、と思います。


・・・そう思わないと報われません。 そう言うことにしておきましょう。


2010-09-03(Fri)

CEDEC2010も無事終了

こんばんは。

今年もCEDECが無事に終了しました。
私もいくつかのセッションを受講してきましたが、概ね参考になる内容でした。


こういったイベントでは、会場にて「同業他社に転職していった元同僚」と遭遇するのが楽しみなのですが、今回も遭遇しました。

誰もが知っている別の大手企業に転職した元同僚によれば、その企業も様々な闇を抱えているとのことです。
ある意味、安心したような・・・ 喜ぶべきなのか悲しむべきなのか・・・


ところで、会場ではレッドブル(海外の飲料水メーカー)が栄養ドリンクを配っていました。
私も一本いただいてみたのですが、リポビタンDとオロナミンCを足して割ったような感じで、美味しかったです。

そもそも栄養ドリンクにお世話になるような日常に問題が有るとかいうのはさておき・・・



CEDECに参加するようになって数年が経ちますが、年々セッションのクオリティーが上がってきていると感じます。
そして、受講後に思うのは「日本のゲーム業界も捨てたもんじゃないな」という事。

過去に何度も「日本のゲーム業界は海外勢に置いて行かれつつある」という様な事を書きましたが、CEDECに参加して同業他社の取り組みを知る事で、少しだけ安心します。


しかし、あくまで少しだけです。

CEDECの講演を聴いて凄いと思うのは当たり前です。
なにしろ、各社が自信を持って公表できるような内容を持ち寄って発表するのがCEDECなのですから。

つまり、ここで紹介されるような技術や取り組みは、あくまで「何処かの会社の優れた事例」に過ぎず、業界全体としての平均レベルではありません。

「中には凄いことをやっている会社もある」ではなく、「日本の業界全体が凄くなっている」という形に持って行かないと、海外との差はなかなか縮まらないでしょう。


このイベントで得た情報や刺激を会社に持ち帰ってフィードバックさせるのは、他でもない私達参加者です。
忙しい業務を抜け出し、会社の費用を使って参加している訳ですから、数十倍・数百倍にして還元しないと意味がありません。

レポートやミーティングの場でフィードバックさせる必要が有ります。
早速レポートの執筆に忙しくなりそうです。



私は会社の代表の一人としてCEDECを受講してきた訳ですが、こうしたイベントに対する理解はあまりよろしくありません。

「忙しいから」「興味が無いから」と言った理由で参加しない人も多いですし、そもそも会社が費用をケチって十分な人数が参加できない場合もあります。

目の前の仕事が忙しいのは分かりますし、受講したからと言ってすぐさま効果が現れるかというと、なかなか難しいのもまた事実。

そういった状況を打破し、「是非みんなも行くべき」「やはり行って良かった」という形に持って行くのは、我々受講者の役目です。
その為にもレポートなどには気合いを入れないといけませんね。



プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: