2008-09-16(Tue)

ローカライズとネーミング その1

どうもこんばんは。 相変わらず丑三つ時に執筆しております。

いきなりですが、前回コメントをくださった方、どうもありがとうございました。
初めてコメントをもらったので(スパム除く)、返事の仕方を間違えて新規コメントにしてしまいました・・
これからも閲覧、そして気が向いたらコメントをよろしくお願いします。

さて、ここ数回は中国出張の記事を書いてきましたが、近々また行く事になりそうです。
前回は脱臼するかと思うくらい荷物が重かったので、なんとか荷物の軽量化を図りたいところです。

出張の可能性が濃厚になってきたので(?)、今回は別の話題で書いてみます。



現在携わっているプロジェクトは間もなく終了するのですが、現在は通常のデザイン業務などと平行して「ローカライズ」と呼ばれる作業も行っています。


■ローカライズとは■
日本向けに開発されたゲームを海外で発売する場合、ゲーム中の文章やタイトルロゴを翻訳したりすること。


簡単に言うと上記のような作業なのですが、これがなかなか厄介な作業でして、単に文章を翻訳するだけでは済まない事が多かったりします。
特に「差別用語」「不快用語」などをうっかり使用しないように注意する必要がありますが、他にも宗教関連のキーワードなども要注意です。

食事の前に合掌して、お盆にはお墓参りに行き、クリスマスやバレンタインデーで大はしゃぎする日本人にとって、宗教というものを深く認識するケースは希ですが、海外ではそうもいきません。
日頃疎いだけに、ローカライズの際には厳重にチェックする必要があります。

この他にも、酒やタバコに関する表現も海外では厳しい場合が多く、わざわざそれらのシーンをカットしたり表現を改めたりする場合もあります。
「15歳以上推奨」とか「18禁」などの推奨年齢を設定すればそのままでもOKですが、その代わりターゲット層が狭まるなどのビジネス的なマイナスもあるので、どうするかは総合的に判断する必要があります。



さて、差別用語や宗教事項に注意しつつ翻訳したり表現を改めたりする事の他に、場合によってはタイトル名やキャラ名を変更したりするケースもあります。

・ 「ハウスオブザデッド4」 → 「鬼屋四代」
・ 「ドラゴンクエスト」 → 「勇者門悪龍」

等のように、日本語や英語のタイトルを中文(中国語)に訳す場合は普通なのですが、場合によっては英語のタイトルのゲームを欧米に移植する際に、別の英語タイトルに変更する場合もあります。

どういった場合にそうなるかというと、

■日本人スタッフが「これはカッコイイ」と思って考えた英語のタイトルやキャラ名が

→ 欧米人の常識だと凄く悪趣味だったり意味不明だったりする場合。
→ 現地の言語やスラング(俗語)において、不快用語・卑猥用語だったりする場合。
→ その名前が既に現地で商標登録されている場合。

このような場合です。

日本人の「カッコイイ」という感覚は日本国内でしか通用しない場合が多く、海外向けに移植する際には現地法人のスタッフから変更依頼がよく来ます。
特に差別用語とかが混じっていた場合は要注意で、発売前に発覚して修正できれば良いですが、発売後に発覚したら致命的です。

特に宗教関連は超・敏感な題材でして、その昔、某格ゲーが・・・以下略。

このように、ローカライズと言っても、実はなかなか骨の折れる作業だったりします。
ゲーム本編を造る作業ばかりに目がいって、ローカライズ・バグチェック・バランス調整など、間接的な部分を軽視する傾向が強いですが、ここをおろそかにすると大変だと思いますよ・・・



考えてみると、国内と海外では名前が異なる商品も結構ありますね。
例を挙げてみましょう。 (左が日本名で右が海外名です。)

■映画■
・Wild Speed(ワイルドスピード) → The Fast and The Furious
・ハムナプトラ → マミー

■自動車■
・ヴィッツ → ヤリス
・フィット → ジャズ
・スイフト → イグニス

■ゲーム機■
・メガドライブ → ジェネシス
・PCエンジン → ターボグラフィックス16

これらはどういった理由で国内向けと海外向けで名前が異なるのでしょうか?
映画に関しては恐らく日本人の感覚に合わせたのが理由な気がしますが、どうでしょうか?


そういえば、一昔前に一世を風靡した格ゲー「ストリートファイター2」において、ラスボスの「ベガ」がなぜ海外版では「バイソン」という名前に変更されていたのか?
興味のある方は是非調べてみてください。

むっ、もう3時半・・・ そろそろ寝ないと。
それでは。

2008-09-03(Wed)

中国出張その2 ~ネット環境や日本文化の浸透度をチェック~

こんばんは。
前回に引き続き、中国出張レポート第二弾です。

今回は、中国におけるインターネット環境や、ゲーム・漫画など日本文化の浸透度に付いて書いてみたいと思います。
中国のインターネットと言えば「検閲」の話を良く耳にしますし、日本のオタク文化は世界中で愛されています。
果たして、中国でそれらはどういう状況だったのでしょうか!?



まずはインターネット環境から行ってみましょう。
私は今回の出張に合わせてノートPCを購入しました。
今話題のミニノートの一つ、ヒューレットパッカードの「HP2133」のハイパフォーマンスモデルです。
具体的なスペックや使い心地は他のレビューサイトに任せましょう。

さて、ホテルの部屋に到着して室内を見渡すと、机の横にモジュラージャックを発見!
PCからLANケーブルを接続してブラウザーを起動すると、程なくしてインターネットに接続できました。
この辺は日本でやっているのと変わらないですね。

ちなみに、中国をはじめとした外国はコンセントの形状及び電圧が異なりますので、電子機器を使用する場合は必ず「変電・変圧器」や「コネクタ変換器」を持って行きましょう。
成田空港とかの売店でも購入できます。

さて、日経ネットなど、お馴染みのサイトにアクセスしてみたのですが・・・・重い!
この重さは一体!? まるで「テレホーダイ」で午後11時半くらいにネットに接続した時のようです。

あまりにも重いので、PC系サイトで中国のインターネット環境に関して調べてみると・・・
「中国のインターネットはADSLが主流だが、回線速度はかなり遅い」
というような解説がありました。

なるほど、どうやら全般的に重いようです。
しかし、この重さはアナログ回線レベルで、とてもブロードバンドとは思えません。
使用しているノートPCがVIA-C7という貧弱なCPUという事を考慮しても遅い!

中国において、ADSLやFTTHをベースに設計された最近の日本国内のサイトを閲覧するのは、なかなか厳しいかもしれません。



さて、とりあえずインターネットに接続はできました。
では、続いて気になる「検閲」に関してチェックしてみましょう。

「文化大革命」「天安門事件」とかで検索すれば、検閲されているかどうかは一発で分かると思うのですが・・・
無理です。 「私自身」が検閲の対象になりそうな予感がしたので、残念ながらこれは実行に移せませんでした。

そう言えば、中国のインターネット環境に関して解説した先ほどのサイトで、
「アダルトサイトなど一部のサイトを除き、普段見ているサイトはほとんど見られるはず」
と書いてあったので、それではと「アダルトサイト」で実験してみる事にしました。

あ、いや、普段そういうサイトを見ている訳ではありませんよ。 あくまで実験の為ですから!
「べっ、べつにアダルトコンテンツが見たくてアクセスするんじゃないんだからね!」
・・・おふざけはこの位にして、いわゆるアダルトゲームメーカーのサイトにアクセスしてみました。

■夏場に強そうな名前のメーカーのサイト → アクセス可能
■海外の童話に出てきそうな名前のメーカーのサイト → アクセス可能
■液体チックな名前のメーカーのサイト → アクセス不可能
■総合情報サイト「D」 → アクセス不可能

上記のような結果となりました。
アクセスできたりできなかったりと、結果が分かれたのが興味深いですが、その理由が気になりますね。
・・・・作風? まさかとは思いますが。 
海外サイトという事もあるのか、検閲フィルターも完全ではないのでしょうか。

この他、日本国内の主要ニュースサイトやWikipedia、政府関連サイトは普通にアクセスできました。
やはり、「普通に」使用している分には問題ないのでしょうか。



さて、続きまして、現地のオフィスに舞台を移してみましょう。

ゲーム業界のオフィスの一般的なイメージというと、恐らく「フィギュアなどが所狭しと並べられた机」などを連想されるのではないでしょうか?
実際はそういう光景はあまり見かけず、基本的には至って普通の職場で、「たまに強者が居る」というレベルなのですが、上海のオフィスはどうなのでしょうか!?

・・・強者発見。
どこで購入してきたのか、日本のメーカーが発売しているフィギュア等を色々並べている猛者が居るではありませんか!
考えてみると、こういった玩具のほとんどは中国で製造されいる訳で、ある意味中国のオフィスにそれが置いてあるのはなんら不思議な事ではないような気もします。

上海とはいえ、日系企業で働いている中国人には日本語が話せるスタッフも多く、彼らに「どこでアイテムを購入したのか」を訪ねてみました。
すると、日本へ旅行に行った際にアキバなどで購入したり、或いは日本人スタッフが帰国した際に買ってきてもらったりしたとの事。
なるほど、中国人のマニアにとっても、もはやアキバは聖地なのでしょう。

見渡してみると、アニメに興味が無い人でも名前くらいなら知っている様なメジャータイトル関連のアイテムを飾っているスタッフに混じって、日本人でも知らないようなマイナーな作品のアイテムを飾っている人も居ます。
マイナーな、それも海外の作品をどうやって知り、さらにその関連グッズをどこでゲットしたのか非常に気になりますが、マニアパワーの恐ろしさを痛感しました。



このように、日本文化は中国においても着実に浸透しつつあるようです。
コアなアニメ作品はもちろんですが、数週間の中国滞在中に特に目立ったのが「ドラえもん」です。
日本においては、知らない人を探す方が難しいくらいメジャーなドラえもんですが、ここ中国では今ブームになっているようで、漫画やお菓子など、至る所でドラえもんを見かけました。
漫画本がほとんどおいていない中国の書店においても、ドラえもんの単行本だけはしっかりと置いてあった程です。(ちなみに、ドラベースもありました。)

私たち日本人が慣れ親しんだドラえもんが中国でも人気なのは誇らしいですね。
同時に、巨大なビジネスチャンスが生まれているはずで、これからどういった展開を見せるのかが興味深いです。


さて、次回は現地スタッフの仕事に対する価値観や姿勢、日本との違いを感じた点などをご紹介しましょう。
お楽しみに。
プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: