--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-05-28(Wed)

海外向けの商品を作る難しさ

どうもこんばんは。
毎回毎回夜中に執筆していますが、今回も丑三つ時の更新です。



私が購読している経済誌の一つに「東洋経済」という雑誌があるのですが、その5月24日号の特集は「自動車革命」。
多彩な趣味の中でも特に興味のある自動車関連の特集と言うことで、速攻で購入してみました。

毎度の事ながら非常に面白い記事ばかりだったのですが、そんな中で特に気になったのが、インドの自動車メーカー「タタモーターズ」が制作した実売価格28万円の自動車「ナノ」の記事です。

28万円という価格はもちろんですが、それ以上に興味深かったのが、そこに至るまでのマーケティングの内容です。




28万円を実現するのは当然ながら至難の業だったようで、各所で徹底的なコストカットが行われています。
全てのブレーキがドラムブレーキなのはもちろん、タイヤのホイールも日本円で約560円!
日本におけるアルミホイールの大体の価格は、17インチ用が4本セットで10~20万くらいですから、これは安い。
まあ、サイズも小さいしそもそもアルミではないというのもありますが、それを考慮しても破格の値段ですね。

エアバッグ、ブレーキブースター、ABSといった安全装備も皆無なのが非常に気になります。
万が一事故が起きたら高い確率で致命傷でしょう。 インドの法律ならではの仕様でしょうか。



さて、私が一番感心したのは「現地の法律・交通事情・ユーザーのニーズ」を熟知した上での仕様により、28万円という価格を実現している点です。

いくつか例をあげてみると、

(1)この「ナノ」の最高速度は時速100km、実用最高速度は70km程度。
(2)ドアミラーは運転席側に1個のみ

どうでしょうか。
実用速度は日本の軽自動車以下ですし、ドアミラーが片方だけというのも日本の常識からするとあり得ない話ですね。

しかし! ここからがポイントです。

まず(1)の動力性能に関してですが、インドは世界最悪レベルの交通渋滞に悩まされており、さらに主要幹線道路なども未完成の状態です。
従って、時速100km以上の速度性能など不要、不要というかあっても使いどころがないという状況なのです。

次に(2)のドアミラーが片方しか無い点に関してですが、なんとインド人はミラーはあまり使用しないそうで、特に運転席と反対側の左のミラーは見ないに等しいそうです。
さらにインドの法律では、助手席側のドアミラーは装着義務が無いそうです。

いかがでしょうか。
「ユーザーのニーズ」「現地の法律」「現地の交通事情」を熟知しているからこその対応ですね。
これらの事実を知らない海外メーカーが同じ価格で造ろうと思っても絶対実現できなかったでしょう。



この記事を読んで私が学んだこととしては、やはり現地のユーザーのニーズや文化を熟知していないと、その土地で売れる商品は作れないという事です。
私のWebサイトの「日本の企業の状況は?」でも書きましたが、現在のゲーム業界は欧米が主要市場となっており、日本市場はニッチ市場となりつつあります。

従って、必然的に日本メーカーは海外市場に打って出る必要があるのですが、全く文化が異なる市場で受け入れられる商品を作るのは簡単な事ではありません。
単に日本語を英語に翻訳して発売するだけでは不十分なのです。
様々な手法を駆使して現地の文化を研究する必要があるでしょう。



国内市場の縮小と海外メーカーの台頭で苦戦する日本のゲーム企業。
その状況を打開するヒントが今回の記事に隠されていたような気がしました。

それでは。
スポンサーサイト
2008-05-21(Wed)

商売のテクニック

みなさんこんばんは。
タイトルにあるように、今回は旅行などを通じて感じた、商売のテクニックに関して書いてみようと思います。



先日、週末と有給休暇を利用して、知人と京都へ行ってきました。
京都と言えば日本を代表する観光地であることはもちろん、世界的にも有名な観光都市であります。
第二次世界大戦において国土が戦火に見舞われたにも関わらず、重要文化財に大きな被害を受けなかったのは、この京都とパリぐらいではないでしょうか。

私は一昨年にパリに旅行に行きまして、凱旋門をはじめとした歴史的な建造物を色々見てきました。
そして今回の京都旅行と併せて感じたことは、やはり数百年もの歴史を持つ建造物は、他を寄せ付けない圧倒的なインパクトがあるという事です。

最近はBRICs諸国をはじめとして世界規模で経済発展が続き、世界各地に高層ビルの立ち並ぶ近代的な都市が建設されていますが、お金さえあればどこにでも作れる新しい高層ビルと違い、そこにしかない歴史のある建造物は存在感と集客力が違うな、と思いました。

そして、パリや京都のような歴史的建造物を持たない国や都市は、どうやってインパクトと集客力のある建造物やイベントを企画・制作・運営して、国内外から観光客を集めなくてはいけないのかを考える必要があると思います。



私の地元の宮崎県は国内有数の温暖な気候の場所で、一昔前は新婚旅行のメッカとして栄えました。
しかし、沖縄返還や海外旅行の低価格化と共に観光業は落ち目になってしまいました。
また、温泉に恵まれた九州にあって、宮崎県だけは有力な温泉が無い事や、高速道路や新幹線とも縁がない(高速道路は一応ありますが、県全域をカバーしていません)インフラ面での不利、さらにはシーガイアの巨額の赤字や、風光明媚な立地条件にありながら、有効活用が出来ないまま廃線となってしまった高千穂鉄道など、ここ数十年は経済的な明るい話題をほとんど聞きませんでした。
統計で見ても、県民の平均所得は全国有数の低さであり、知名度に至っては、宮城県との区別が付かない人が大変多い!

一県民として、どうやったら宮崎県を観光・経済・知名度などの面でレベルアップできるのだろうかと考えたことはありますが、正直名案は浮かびませんでした。



そんな時登場したのが、ご存じ東国原知事です。
彼の登場後に宮崎県の置かれた立場がどの様に変化したかはもうご存じかと思いますが、私が注目する点としては、

(1)これといって、新しい建造物や名産品を造ったわけではない
(2)就任直後に発生した鳥インフルエンザに対する対応
(3)そもそもの東国原という人の知名度

この3点です。



まず(1)に関してですが、宮崎県は野菜や果物、畜産物など名産品は色々ありますが、これまではあくまで「知る人ぞ知る」という状態で、際だって一般的な知名度を得ていたものはありません。
「チキン南蛮」に関しても、一度食べたら多くの人が虜になる逸品ですが、これまた知る人ぞ知る、という状況でした。

ところが、東国原知事の就任後には、ファミリーマート全店での宮崎名産フェアをはじめ、一気に全国に知れ渡ることになったはご存じの通り。

今や宮崎県は非常に注目度の高い県となったわけですが、注目を集めるために100階建ての超高層ビルを建てたわけではありません。
あくまで既存のコンテンツ(名産品など)を改めてPRしなおしただけなのです。

これは、注目を集めるためには莫大な予算を投じて新しい物を造る必要がある、という考えを打ち破る、かなり画期的な出来事でした。



次に(2)に関してですが、東国原知事の就任直後に鳥インフルエンザの被害が宮崎県を襲い、全国的に報道されたのは記憶に新しいです。
私も東京でこのニュースを見て「宮崎県はとどめを刺された」と感じた物です。
ただでさえ印象が薄くて観光業が冷え込んでいるのに、主力産業に風評被害が直撃したとなれば(宮崎県はブロイラーが主力産業の一つです)、もはや経済的に立ち直れないと思ったからです。

ところが、東国原知事の対応は早く、しかも安全性だけでなく、そのおいしさまでもPRして回るという奇策に打って出ます。
そして鳥インフルエンザによるマイナスイメージを払拭し、転じて名産品としての知名度アップに成功したわけです。

ピンチを利用してチャンスに変える、この事は、先日東芝がHD-DVD事業からの撤退の発表会を行った時に似ているような気がします。
HD-DVD事業からの撤退という、極めてマイナスイメージが大きいが、それゆえに注目度の高い記者会見の場で、撤退発表と同時に有力分野であるNANDフラッシュメモリへの1.7兆円の巨額投資を発表し、HD-DVD事業撤退のダメージを相殺し、さらにプラスイメージに転じて株価アップまで実現するという、見事な手腕でした。

転んでもただでは起きないとでも言いましょうか、大いに学ぶ事がありそうです。



最後に(3)に関してですが、今や時の人といっても過言ではない東国原知事ではありますが、元・たけし軍団の芸能人とはいえ、失礼を承知で言わせてもらうと、あまたの芸能人の中では、突出して知名度・人気があった方ではないはずです。
しかしながら、容姿・人柄・決断力・行動力など、持ち前の能力を遺憾なく発揮しての活躍は周知の通りです。

私は「注目されているのは選挙の間だけ」と思っていたのですが、物の見事に予想を覆してくれました。
単純な物差しで物事を評価していた自分が恥ずかしいです。

どれだけ有名だったかというような、表面的で単純な評価ではなく、行動力など内面的な部分も含めた評価をしっかりすべきだなと思いました。
こちらも、今後の物の考え方の教訓となりそうです。



凄く長くなってしまいましたが、今回は地元・宮崎県と旅行で感じた事をテーマに書いてみました。
それでは!
2008-05-08(Thu)

「好き」を仕事にする

皆さんこんばんは。
今回はいつもとは少し違った視点から仕事に対する考えを書いてみます。



毎週水曜日は「NewsWeek日本語版」の発売日なので、通勤時に駅のキオスクに行ってみました。
しかし、今週は連休の影響で発売されないらしく、見あたりません。

そんなとき、ふと気になる雑誌を見つけました。
「 [好き]を仕事にする11の方法 」という特集が組まれたその雑誌は「日経ビジネスAssocie」。 即刻購入してみました。

ちなみに、私が毎週購読しているのは「NewsWeek日本語版」と「モーニング」の2誌。
それに加えて、「エコノミスト」「東洋経済」「プレジデント」「PHP The21」などもチェックして、気になる特集があれば購入しています。



さて、今回購入した「日経ビジネスAssocie」で特集されている「 [好き]を仕事にする11の方法 」という記事を見かけて即購入したのには理由があります。

・・・うおおぉー、地震だぁ! (執筆中に地震発生! 怖かったです・・・)

話がずれましたが、私の場合、間違いなく「好きなこと」を追い求めて今の仕事に就きました。
家族や友人には、「夢を実現したのだから偉い」とか時々言われます。
その点に関しては私も同感ではあるのですが、ここ数年大きな悩みがあるのです。

それはズバリ、

好きなことを仕事にしているはずなのに、あまり楽しくない。 むしろストレスの方が多い。

という事です。

好きなはずの会社で好きなはずの仕事をしているはずなのに、なぜ最近は楽しくないのか?
これは私にとって大いなる悩みでしたが、実は原因の多くは明確なのです。
労働環境や無駄で意味のないリストラなど数え上げたらきりがありませんが、とにかく好きなはずの仕事が楽しくないのです。

なので、この雑誌を見かけたときには無意識のうちに購入していました。
何か状況改善のヒントがありそうな気がしたからです。



特集では11の事例が紹介されていたのですが、中には同業他社の事例もあったりして、全てが大変参考になりました。
もちろん、これを読んだからと言って、明日からの業務が早急かつ劇的に改善されるわけではありません。

しかし、私にとって、物事の善し悪しの考え方や問題点解決の方法など、大いに刺激を受ける内容であったのは間違い有りませんでした。



また、特集とは別に、ワタミの社長が読者の質問(悩み)に答えるというコーナーもあったのですが、こちらも大変楽しく読ませて頂きました。
「こういう考え方もあるのか!」とか、「見事なポジティブシンキングだ!」など、車内(電車)で読んでいて、思わず「ウンウン」とうなずいてしまったほどです。

ポジティブシンキングに関しては友人などからよく「前向きに考えた方が良い」と言われます。
しかし、その具体例を聞いてみると、結局は「見なかったことにする」「臭い物には蓋」系の考え方ばかりで、私に言わせれば「ネガティブシンキング」ではないかと思えるようなものばかりでした。
しかし、今回読んだ記事は初めて納得できるポジティブシンキングだったような気がします。



気が付いたらもう二時半で、本日も寝不足な一日となりそうです。
しかし、それ以上に充実した一日となりそうでもあります。

みなさんもぜひ読んでみてください。 たったの590円です。
2008-05-07(Wed)

仕事の成果

どうもこんばんは。 お久しぶりです。
半月ほど更新が止まっておりましたが、週末すら満足に休めない状況でして、体力と精神的にだいぶ参っておりました。
連休でリフレッシュしましたので、再び更新していきます。 まずはブログから。



さて、連休で地元へ帰省してきたのですが、市内を散策すると、市内の川にかかっているいくつかの橋が立て替え工事をしていました。
これらの橋は私が生まれたときから(多分)既に完成していたもので、単に通行していただけとはいえ、それなりに思い出の詰まった建造物だったりします。

翌日、市内と山間部をつなぐバイパスがだいぶ完成したとの事なので、早速父とドライブしてみました。
これは将来的には東九州自動車道と接続する高規格道路の一部で、高速道路や新幹線に恵まれない九州の太平洋沿いの都市(特に宮崎北部)にとっては念願の道路でもあります。

正月に帰省したときには、まだ高架橋の橋桁くらいしかなかったはずなのに、今回帰省してみると立派な道路が出来ていた訳で、土木のパワーに驚くばかりでした。



私の父は建設業界で働いておりまして、いわゆるゼネコンというやつです。
勤め先の企業が手がける物は多岐にわたり、一戸建から大規模なビル、はたまた港湾や高規格道路など、実に多彩です。
何もない場所、それも海や森林の中に港や道路を作るのですから、企画立案の段階から実際の工事にいたるまで、その全てが称賛に値します。

私の場合、何もないコンピューターの空間に絵を描きプログラムと音楽をも組み込むことで一つの娯楽商品を造ります。
そこで造られる世界は、過去や未来、SFやファンタジーなど様々です。
そうして何万、何十万という人に娯楽を提供する訳です。

時々思うのですが、所詮コンピューターの中だけの話で、それも「遊び」であり、インフラや食料品などの生活必需品を造っているわけでもありません。
時々「所詮遊びなのか?」と自問自答することもあります。
また、近い将来結婚するような事になった場合、相手側の両親に「遊びを造るのが仕事」という事をどう説明すればいいのだろうか、と思うこともあったりします。
まあ、それに関してはいわゆる「取らぬ狸の皮算用」なので、まずは相手を見つけるという重大な課題が有るわけですが・・・・・・・・涙

話がずれましたが、この様に、時々自分の仕事に対する葛藤と、他の人の仕事の成果物に対する憧れなどを感じる事があるのです。
ゲーム業界での仕事の成果物は、発売後も形として残るというのが魅力の一つでありますが、今回話題にあがった土木建築ですと、橋や道路など、そのスケールは桁違いですし、少なくとも数十年はその雄姿を形にとどめます。 そしてなにより、利用する人にとって無くてはならない存在なのがうらやましいですね。



なんだかゲーム業界での仕事を否定するような事を書いてしまいましたが、私はこの仕事に誇りを持っていますし、娯楽の存在しない生活などあり得ません。
そしてゲームをはじめとした娯楽産業は有数の市場規模を誇っています。

それにも関わらず、自分の仕事に時々不安を感じてしまうのです。
これはどの業界で働く人にとっても同じ事なのでしょうか?
ぜひとも、他の業界で働く人の意見なども聞いてみたい物ですね。

長くなりましたが、今回はこの辺で。
それでは!
プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。