--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017-01-31(Tue)

車の試乗に行ってきて感じたこと

こんばんは。

過去に何度か記事にしましたが、現在実家の車を買い換える計画が進んでおります。
主に使用するのは両親で、使用目的や年齢による衰え等を考慮すると、
小型で運転しやすく、かつ高性能な安全装備(自動ブレーキ等)が充実している車種が必須となります。

先日帰省した際に、両親を連れてディーラーに試乗に行ってきました。
年末年始はディーラーは休業しており、ギリギリ間に合ったホンダ系の店舗のみでしたが、
丁度ホンダには「ヴェゼル」「グレイス」「フリード」などの候補車が多いので好都合です。



現在、各自動車メーカーにおいて自動ブレーキを中心とした安全装置の世代交代が進んでいます。
主に「歩行者を検知・対応できるかどうか」が一つの目安になっています。 

<トヨタ>
セーフティーセンスC (歩行者検知不可)
セーフティーセンスP (歩行者に対応可能)

<ダイハツ>
スマートアシスト2 (歩行者は検知するが警報のみ)
スマートアシスト3 (歩行者に対応可能)

<ホンダ>
シティブレーキ (歩行者検知不可)
ホンダセンシング (歩行者に対応可能)

一例を挙げると上記の様な自動ブレーキが有り、歩行者が検知可能なシステムは機器の構造自体が異なり、
作動範囲(距離・速度)がより幅広かったりします。 当然ですが高性能な方が良いに決まっています。
もちろん、「事故を回避・軽減してくれる可能性が有る」程度に考えておくべきで、過信するのは禁物ですが。



さて、今回はホンダ系ディーラーに行った訳ですので、ホンダの車種を見てみると、
アコードやオデッセイなどの上位車種には高性能な「ホンダセンシング」が、
フィットなどの小型・安価な車種には廉価版の「シティブレーキ」が搭載されています。

が、最近は小型・安価な車種にもホンダセンシングの装備が進んでおり、
既にヴェゼル・フリード・ステップワゴン等の普及価格帯の車種にも搭載されるようになりました。
ディーラーの人に確認したところ、フィットやグレイスは年内に行われるマーナーチェンジの際に搭載し、
さらにモデルチェンジする軽自動車のN-BOXにも搭載されるとのこと。
コンパクトカーのフィットはもちろん、軽自動車のN-BOXにも搭載するとは驚きました。

ホンダや日産の対応の早さを見ると、やはりトヨタの遅れが目立ちますね。
例えばヴォクシーは歩行者対応不可のシステムを搭載していますが、ライバル車種であるセレナやステップワゴンは既に歩行者対応可能なシステムを装備しており、どうにも見劣りします。

トヨタにも歩行者を検知できるシステムは有りますが、他社に比べると登場が遅かった上に、普及もあまり進んでいません。
どいうった内部事情が有るのか気になる所です。



さて、今回はグレイス、フリード、ヴェゼルに試乗してみたのですが、新型車種はやはり作りが違います。
環境性能や安全装備など、全体的に大きく進化しており、買い換える価値は確実に有ると断言できます。


が、一方で気になるのは、数世代前の車と比べて、良くも悪くも変わりすぎているという点ですね。
例えばエンジンの始動・停止の際、昔はキーを差し込んで回すというのが一般的でした。
が、現在はパソコンの電源ボタンの様な物をポチッとなと押すだけでOKです。

他にも、アイドリングストップ機能により、走行中でもエンジンが停止する場合が有ります。
もちろんそういう作りなので問題有りませんが、何も知らないとエンストしたと焦ってしまうかもしれません。

また、ハンドルには多種多様なボタンやレバーが装着されています。
これらのボタンでギアの変更やオーディオ・スマホの操作など様々な事が出来るのですが、慣れるまでが大変です。

特に気になるのがシフトレバーですね。
プリウスに代表されるハイブリッド仕様車はガソリン仕様車と細部が異なる事が多く、その一つがシフトレバーです。
例えるならパソコンのマウスの様な形状をしており、動かし方も少し感覚が違います。
従来のガソリン車のレバーと違い、「指定のギアに動かした」という感覚を感じにくいのです。

もちろん、これらの違和感は慣れれば良いだけの話で、私個人はさほど気にはなりません。
が、私はともかく、両親はどうか? なにしろ主に使用するのは両親なのですから。
その内慣れてくれるとは思うのですが、極力余計な負担無しで乗り換えて欲しいところです。


この点に関してはトヨタのカローラの設計思想に好感を持てます。
カローラにもガソリン仕様とハイブリッド仕様が有るのですが、後者のシフトレバーも従来と同様のデザインをしており、
トヨタによると、違和感なく操作して貰う為にあえて変更しなかったとの事です。
カローラ(特にセダン)の主要ユーザーは中高齢者だと思うのですが、そこに配慮したという事でしょう。
これでカローラやプレミオ辺りにセーフティーセンスPが搭載されたら候補に加わるのですが。



ハイブリッド仕様車は先端技術の塊なので、インターフェースデザインを特別な物にするという考えは一理あります。
所有欲が湧きますし、設計次第では操作性も向上するかも知れません。

一方、変えなくて良い箇所はあえてそのままにするという考えにも賛同できます。
使い慣れた物に無理に変更を加える必要は無いのですからね。
全くジャンルは異なりますが、この考え方は私の仕事にも生かせそうな気がします。


買い換えは夏頃までに予定しているので、もう少し吟味しようと思います。
やはり何を買おうか思案している時が一番楽しいですね。


スポンサーサイト
2016-06-14(Tue)

実家の車を何にするか?

こんばんは。

突然ですが今回は実家の車の話です。
実家の両親が使用している車が古くなり、いよいよ買い換えることになりました。

既にカーナビは数年前に息絶えており、その他の部分も色々と不具合が発生していました。
だましだまし使用していましたが、ここに来て不具合の頻度も増えた様です。
買い換えには消極的だった両親ですが、ようやく観念した(?)ようですね。

既に購入から10年以上、走行距離も10万kmを越えており、それに応じて経年劣化も発生します。
マイクとエドに修理して貰えばあと10万km位は行けるでしょうが、そろそろ買い換えても良い頃です。
最近の車は安全装備や環境性能などが大きく進化しており、新型車に買い換える価値は大きいと言えるでしょう。



買い換えが決まったならば、次なるテーマはどの車にするのかという点。
実は買い換えに関しては、数年前より私の方から両親に勧めており、好適な車はある程度絞り込んでおりました。

両親が車に求める機能や使用目的は、
(1)街乗りが中心
(2)時々隣県(熊本・大分など)に小旅行や買い物に出かける
(3)小型で取り回しが効く車が良い
(4)大型・ハイパワー・AWD(四駆)等は不要

といった感じです。

二人は「軽自動車でも十分だ」等と言いますが、山越えや高速利用で遠出する際には少々力不足。
なので、私個人的にはNAの1.5~2.0L程度で5ナンバーの車を考えておりました。
加えて安全性と快適性を向上させる各種装備も必須です。

今回の新車購入に関し、私が絶対に譲れないポイントとして考えているのは・・・

■ 衝突回避支援装置(プリクラッシュセーフティー装置)
アイサイトに代表される現在普及が進む安全装置で、自動ブレーキを含む様々な機能が有ります。
作動範囲が狭い赤外線レーザーのみの物は選択肢から除外しました。

■ バックモニター
ギアをバックに入れると、後方の映像をナビ画面に映してくれる装置です。 大変便利。

■ ドライブレコーダー
走行中に前方の様子を録画する装置。 事故発生時に重要な証拠として活用されます。

■ 誤発進・誤後進防止機能
駐車場等から発進する際、前方や後方に障害物が有る場合に警報を鳴らし、エンジン出力を抑制する機能。

■ HIDやLED等のヘッドライト
通常のハロゲンライトに比べて明るく、視認性・被視認性が向上し安全性が高まる。

■ サイド・カーテンシールドエアバッグ
説明不要の安全装備。 フロント以外のエアバッグはオプションである事が多いので。

■ フォグランプ
基本的に安全装備ですが、個人的にはフロントデザインが引き締まるので欲しい装備。

■ アルミホイール
必需品では無いですが、個人的に樹脂ホイールの安っぽさが我慢できません。

■ オートエアコン
個人的には機能性よりも見た目重視で欲しい。 マニュアルエアコンはつまみが安っぽくて・・・

■ カーナビ
これは必需品と言っても過言では無いでしょう。 バックモニター用にもなるので。

等々、基本的に安全性や快適性の向上を目的とした物が中心ですが、個人的な意向も含まれます。
大型の高級車なら全て標準装備されていそうな装備ばかりですが、小型車には付いていない事が多いです。
オプションとしての装着が出来ない事も多く、グレード選択は慎重にしないといけません。



これらの要素を吟味した結果、私が候補として考えている車は・・・


■ カローラアクシオ、カローラフィールダー(トヨタ)
■ プレミオ、アリオン(トヨタ)
■ オーリス(トヨタ)
■ インプレッサG4、インプレッサスポーツ(スバル)
■ ノート(日産)
■ グレイス(ホンダ)
■ シャトル(ホンダ)
■ ヴェゼル(ホンダ)
■ アクセラ、アクセラスポーツ(マツダ)
■ ソリオ(スズキ)


こんな感じです。

簡単に説明すると、カローラアクシオとフィールダーは基本的に同じ車で、前者がセダン、後者がワゴン仕様です。
プレミオとアリオンも基本は同じ車で、かつてのコロナとカリーナの後継車種に位置付けられます。
オーリスはハッチバック車で、ガソリンNA、ターボ、ハイブリッドと幅広いエンジン仕様が有ります。
インプレッサはスバルの代表車種で、G4がセダン、スポーツがハッチバックです。
ノートは日産のコンパクトカーで、珍しいスーパーチャージャー搭載車種でもあります。
グレイス・シャトル・ヴェゼルは名車フィットを元に作られた車で、グレイスがセダン、シャトルがワゴン、ヴェゼルがSUVです。
アクセラはマツダの主力車種で、セダンとハッチバック(スポーツ)が有ります。 ディーゼルエンジンが魅力的です。
ソリオは広い車内空間やスライドドア等で人気を集めている車ですね。


ちなみに私の両親は車事情にあまり明るくなく、トヨタや日産など大手メーカー以外はよく分からない様です。
なので、それ以外のメーカーの車を買う場合は、品質や安全性などに関して納得させるのが大変でしょう。

もちろん他のメーカーの車も品質は大変優れています。 しかし、詳しく無い人の認識という物はその程度です。
例えば「よく分からないけどトヨタなら安心だ」と思われる事、これもブランド力という奴でしょう。
ブランド力を構築し維持する事がいかに大変で重要か、社会に出たことが有る人ならよく分かると思います。

とはいえ、母にインプレッサスポーツの話をした際の話ですが、
「スポーツ? スポーツカーなんて要らないよ! 他にしてちょうだい!」と言われた際に、
「いやこれ、スポーツって名前だけど別にスポーツカーじゃないのよ。 スバルは品質も良いし(以下略」
と説得するのが大変で面倒で・・・ 今回も苦労する事でしょう。



トヨタ車で気になるのはアイドリングストップ機能を装着できるグレードが限定される点。
例えばオーリスでは1.2Lターボ車に標準、1.5L車にオプション装着となります。 なぜ1.8Lには付けられないのか?
他社ではほぼ全グレード標準装備が当たり前なのに、何故なんでしょうね?

誤発進防止機能を装備していない車種が多いのも気になります。
先に出たカローラやオーリスでは機能が無く、後発のプレミオ・アリオンでは有ると言うことは、
もしかしたらセーフティーセンスの進化の過程で実装されたとかでしょうか?

スバルは装備やオプションの抱き合わせが多い点が気になりますね。
2リッター車限定だったアイサイトがようやく1.6Lでも選べる様になりましたが、四駆とのセットなのは相変わらず。
その他のオプション装備も関係なさそうな装備とセットになっている物が目立ちます・・・
とはいえ、安全装備に関する評価は最も高いです。

ホンダは安全装備のホンダセンシングの普及が進むと嬉しいですね。
グレイスやシャトルのシティブレーキは見劣りするので、ヴェゼル同様にホンダセンシングを装備して欲しいです。

マツダのアクセラは個人的に一番好きな車なのですが、気になる点も色々有ります。
最近のマツダ車は後方につり上がったデザインなので、後部の視界と居住性が気になります。
ナビがマツダコネクトしか使えない点もマイナスですね。 選択の余地が有りません。



等々、最終決定までは色々悩みそうです。
現在の所、個人的にはプレミオ・アリオンとインプレッサが頭一つ分抜けている印象です。

もちろん、最終的に判断するのは両親です。
デザインや乗り心地など、実際に触れてみないと分からない事はたくさん有りますからね。


夏期休暇で帰省した際にディーラーに連れて行こうと思うのですが、そういやディーラーも盆休みになりますね。
・・・どうしましょうか。 


2016-04-21(Thu)

地元九州の地震に関して

こんばんは。

ご存じの通り、地元九州で大規模な地震が発生して大変なことになっています。
各地で災害が発生する度に悲しい気持ちになりますが、
やはり思い入れの有る土地ともなると、その苦しさはより大きな物となるようです。
口蹄疫の時も悔し涙が出たのを覚えています。

私の古里である宮崎県自体はそこまで大きな被害は出ておりませんが、
被害が大きい熊本や大分の各地には昔から慣れ親しんだ場所が多く、非常に残念です。


悲しんでばかりも居られず、これからの復興に向けて何ができるのかを考えねばなりません。
数年前の東日本大震災の時、仙台に復興ボランティアとして行った時の事を思い出しました。

沿岸部に有る津波で倒壊した民家の瓦礫除去を行ったのですが、
20~30人がかりで丸一日作業しても、たった民家一軒分すら完了することができず、
復興に向けた下準備である瓦礫の除去すら大変で有る事を思い知らされました。

今回の地震は被害の規模やその内容など、東日本大震災とは色々異なりますが、
やはり復興を遂げるまでには多大な労力が必要でしょう。

本音を言うと、今有る仕事を辞め、現地に行って復興に関する作業をしたい気分です。
しかし、私は重機や大型車両の免許を持たず、土木に関する技術や知識も有りません。
炊き出しや被災者のケアも重要ですが、これも色々と大変な事と思われます。
被災地に行って何かをすると言う事は、実は非常に大変な事なのだと感じます。


そんな中、東京に有る熊本県のアンテナショップが盛況だというニュースを見かけました。
熊本県産の品を買うことで、間接的に被災地を支援をしようという訳です。
これで閃いたのですが、被災地の自治体に対してふるさと納税をするというのも良いかも知れません。

それに加えて、何らかの形で被災地のボランティア活動へ参加したいですね。
そうやって試行錯誤しつつ、復興に対する私なりの取り組み方を模索してみようと思います。

2015-04-24(Fri)

【 中部・関西旅行記2015 】 その3 急な階段と騒々しい街

関西に移動しての二日目、本日は朝から奈良観光です。
大阪と奈良は非常に近く、大阪市内から近鉄の快速急行で40分程度と手軽に移動出来ます。
まずは近鉄奈良駅の直ぐ近くにある「興福寺」に移動。
五重塔や多数の国宝・重文など、非常に見所のある場所です。

旅行_奈良_001

旅行_奈良_002

奈良と言えば外せないのが「鹿」。 丹沢でもお馴染みですが、鹿と言えばやっぱり奈良でしょう。
もちろん鹿煎餅を与えようとして大群に囲まれ、腕を噛まれるところまでバッチリ経験してきました。
餌を与える場合は、公園の隅に居る小規模な群れを狙った方が無難ですね。

旅行_奈良_003

game_sw_001.jpg

敷地内にある国宝館には多数の国宝・重要文化財が展示してあります。
その中の一つ「天灯鬼」を見た瞬間、「これって、もしかしてアレか!?」とピンときました。
そう、割と最近発売されたFPSゲーム「Shadow Warrior」に登場するあのアイテムです。
このアイテムは天灯鬼が元ネタだったのですね。 はるばる日本まで取材に来たのでしょうか。
(画像:Shadow Warriorより)



続いて「春日大社」にやってきました。 ここには夫婦円満を祈願する場所が有ります。
夫婦円満どころか独身である私には祟りがありそうなので、早々に立ち去りました。(笑

旅行_奈良_004

旅行_奈良_005

続いて東大寺に移動。 今日は天気が不安定で、一時的に雨や雹が降ったりもしましたが、直ぐに晴れてくれました。

旅行_奈良_006

旅行_奈良_007

旅行_奈良_008

京都のお寺に行った時にも思ったのですが、なぜお寺の階段ってこうも急角度なんでしょう?
下手すると槍ヶ岳の頂上へ登るのよりも怖いかも・・・

旅行_奈良_009

この見るからに恐ろしい仏像は「びんずるさん」と呼ばれる物で、
見た目は怖いですが健康の御利益がある仏様だそうです。



旅行_大阪_022

旅行_大阪_023

大阪市内に戻り、新世界の繁華街を散策。
大阪らしい、良い意味でごみごみした町並みで非常に活気が有ります。
東京と大阪、どちらも人の多い大都市ですが、何となく大阪の人混みには活気を感じます。

旅行_大阪_024

新世界の中心部に位置する「通天閣」にやってきました。
一応高層建築物なので、マニアとしては見逃せません。
平日にもかかわらず人が多く、展望台は40分待ちという活況ぶりです。



旅行_大阪_025

ポークソテーが大好きな者として一度行ってみたかったのが、この「大阪トンテキ」です。
駅の地下街に有るのですが、改札から店舗までは非常に遠く入り組んでおり、辿り着くまで難儀しました。
毎日食べたら一ヶ月で5kg位太りそうな破壊力ですが、味も最高でした。 また食べたいです。

旅行_大阪_026

大阪駅が何時の間にか綺麗に改装されていました。
欧州のターミナル駅みたいで非常に美しいですね。

旅行_大阪_027

こちらも定番ですが大阪城までやってきました。
再建されたとはいえ、天守閣の内部があまりにも近代的な作りで興ざめしてしまいました。

旅行_大阪_028

最後にやってきたのは大阪の電気街である日本橋。 実に十数年ぶりの訪問です。
秋葉原と似ている箇所も有れば、異なる雰囲気もある面白い場所です。
この写真の場所は「スーパーポテト」というレトロゲーム屋の近くなのですが、
なんだか秋葉原にある同店の周辺と雰囲気が似てますね。

2015-04-21(Tue)

【 中部・関西旅行記2015 】 その2 十数年ぶりの大阪で高層ビル巡り

こんばんは。

前回に引き続き、名古屋・大阪の旅行記の第二段です。
名古屋は一泊でしたが、次なる大阪・奈良はエリアが広大なため、余裕を持って二泊三日としました。
それでも行ける場所は限られる為、一日目を高層ビル巡り、二日目を奈良見物、三日目を大阪市内の散策という風に決めました。

大阪市内に点在する高層ビルを効率的に回るにはどうすれば良いか?
登山ルートを策定する時もそうですが、あれこれ調べて計画を練っている時が一番楽しいですね。

それにしても、大阪と言えばユニバーサルスタジオジャパン等が話題ですが、
それらをスルーして黙々とビル巡りをする私って・・・



名古屋から新大阪駅に到着し、荷物を預けたら南海電鉄のなんば駅に移動。
最初の目的地である「りんくうゲートタワービル(256.1m)」は関西国際空港の近隣にあるため、
ここから南海電鉄の関空行き特急「ラピート」に乗り込みます。

この電車、見ての通り実に強烈なデザインをしております。
ロビンマスクかスケバン刑事の鉄仮面にしか見えません。 デザインした人と採用した人に拍手!

旅行_大阪_001

旅行_大阪_002

旅行_大阪_003

市街地にあるなんば駅から関空は意外と近く、30数分程度で到着しました。
早速展望台に・・・と思ったら、なんとりんくうゲートタワービルの展望台は現在は営業していない様です。
仕方が無いので途中のレストランから景色を眺めて撤収です・・・



続いて港区に有る「天保山公園」にやってきました。
ここには「日本一低い山」の座を激しく争っている(?)「天保山(標高4.53m)」が有ります。

旅行_大阪_004

旅行_大阪_005

旅行_大阪_006

標高が低すぎて頂上が分からず、公園内で2分程遭難し、ようやくピークに到着。
頂上からの眺めは圧巻で、昨年登った北アの槍・穂高からの眺めと甲乙付けがたいです。
素晴らしい眺めでしたが、高山病の恐れがあるために早々に下山しました。
なお、近隣には国内有数の水族館である「海遊館」が有りますが、もちろんスルーして次なるビルへ向かいます。



続いてやってきたのが、天保山公園からほど近い場所にある「大阪府咲洲庁舎(256m)」
以前は「大阪ワールドトレードセンター」という名前でした。

旅行_大阪_007

旅行_大阪_008

上部に有る菱形(?)の部分が展望台です。
ビル側面の窪んだ部分に直通のエレベーターが有り、壁がガラスなので登りながら景色が堪能できます。
ところが、エレベーターが登るにつれて恐怖心で足が震えてきました。
北アルプスの槍ヶ岳・穂高岳の絶壁に登った際は平気だったのに、このエレベーターでは恐怖心を感じました。
垂直だから? 自分の意思以外で登っているから? なかなか興味深い反応でした。

旅行_大阪_009

旅行_大阪_010

旅行_大阪_011

旅行_大阪_012

展望台からは遠くはりんくうゲートタワービルや大阪の市街地が、足下には大阪湾の様子が一望できます。
この場所ならではの素晴らしい景色が楽しめる、絶対オススメの場所ですね。



次なる目的地は大阪市内の阿倍野区にある「あべのハルカス(300m)」です。
近くで見ると割と複雑なデザインをしていますね。

旅行_大阪_013

旅行_大阪_014

旅行_大阪_015

旅行_大阪_016

旅行_大阪_017

こうしてみると、やはり大阪も巨大な街ですね。
展望台からは大阪城や通天閣など、各種ランドマークが一望できます。 実に素晴らしい景色!



ホテルにチェックインした後、再びあべのハルカスにやってきました。
もちろん展望台に上がり夜景を堪能します。

旅行_大阪_018

旅行_大阪_019

旅行_大阪_020

旅行_大阪_021

いやー、美しいとしか言いようがないですね。



非常に過密なスケジュールでしたが、大阪を代表する高層ビル群に登れて大満足でした。
おまけに前から気になっていた天保山への登頂も成功し、登山家の端くれとしてこちらも大満足。

明日は奈良を中心に行動する予定です。 (続く)

プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。