2017-03-12(Sun)

難易度低すぎ(?)なゲーム

こんにちは。

日々ゆとりの無い(笑)生活を送っている私ですが、最近、暇を見つけて昔のゲームを遊んでいます。
例えば有名所だと「ドラクエ」や「FF」の初代~3作目辺りです。

これらのレトロゲームを遊ぶ場合、ファミコン本体を引っ張り出して遊ぶ事も可能ですが、
幸いにもPSを初めとした最近のゲーム機に移植されているので、そちらを活用すると便利です。

今回はPS版のFFの1~2、Wiiの「ドラゴンクエストI・II・III」、及びバーチャルコンソールの「FF3」です。
WiiとPS3という、比較的最近のゲーム機で気軽に遊べるので大変便利ですね。



で、色々遊んでいて気が付いたというか、何か違和感を感じます。
何というか、ゲームの難易度が変わっている気がします。 主に難易度が低下していると思うのです。
最初にプレイしたのはもう20年以上も前の話なので、単なる勘違いや思い込みかもしれません。
でも、それを差し引いても何か違う気がする。

そこで気になる点を色々調べてみた結果、どうやらリメイク移植する際に様々な難易度調整が行われたとのこと。
いくつか例を挙げると、以下のような変更が行われている様です。

・敵の行動パターンの変更
・敵の出現パターンの変更
・敵の強さの変更
・武器防具の追加、数値の変更
・プレイヤーキャラの能力に関する追加や調整

等々、変更対象となった箇所は多いですが、基本的にプレイヤーが強化され、敵が弱体化しています。
結果として、ゲーム自体の難易度が大幅に下がったという訳です。


例えば「ドラクエ2」を例に取ってみると、トラウマ級の凶悪な敵の数々が軒並み弱体化しています。
個人的なドラクエ2に関する思い出と言えば、

・炎を吐きまくる凶悪なドラゴンフライの集団
・スクルト&マヌーサを連発して鬼のように堅くなり、呪文も効かないゴーゴンヘッドの群れ
・素早い上に呪文も効かず、集団で踊りまくり、一瞬にしてMPを吸い尽くすパペットマンの群れ
・強いし堅いし呪文も効かないし、その上炎を連発してくるドラゴンの大群


・・・等々、凶悪なモンスターが大量に登場するゲームでした。
おまけにザオリクは戦闘中に使用できず、サマルトリアの王子は存在意義が問われるレベルで弱いという有様。
しかも、現在の様にネットで攻略法を調べることも出来ない時代だったので、体感的な難易度は相当高かったと思います。

そんなドラクエ2ですが、リメイク版では驚くほど難易度が下がっていました。
プレイヤーキャラ側は装備・能力・アイテムで大幅に強化された反面、モンスターはあらゆる面で弱体化。
確かにサマルトリアの王子が弱すぎたりもしましたが、それを差し引いても難易度を下げすぎだと思います。
また、当時とは逆にネットで攻略法を直ぐに調べられる時代なので、ますます難易度は低くなっていると思われます。

2作目以外の1~5辺りも遊んでみたり調べてみたりしましたが、やはり軒並み難易度が下がっていますね。
最新作のシステムを逆輸入した事による難易度低下に加え、敵自体の弱体化が特に大きいようです。



個人的にはこのリメイクをどう評価するか、大いに悩むところです。

<評価出来る点>
・面倒なパスワードが便利なセーブ方式になった
・オートターゲットの採用
・ザオリクが戦闘中に使用でき、復活後に体力が全快になる
・グラフィックや音楽が、オリジナルの雰囲気を残しつつ高品質になった

等々、大きくゲーム性が向上しています。
一方、個人的に不満を感じる点は、やはり極端な難易度の低下によって歯応えが無くなり、
結果としてゲームを遂行しクリアした際の達成感が乏しくなってしまったという点でしょう。

個人的に、ゲームの高い難易度は、それを乗り越えていく事による楽しさに繋がると考えています。
もちろんゲームバランスが崩壊しているレベルだと問題ですが、オリジナルのドラクエ2は十分クリア可能なレベルでした。
凶悪とも思えたパペットマンやドラゴンの群れも、それを乗り越えて行く過程こそが醍醐味だったのですが・・・


もっとも、これはあくまで私個人の感想なので、この修正内容が妥当なのかもしれません。
私はどちらかというと高難易度のゲームが大好きです。
「アドバンスド大戦略」では終盤の絶望的な防衛戦マップが大好きですし、
「DOOM」シリーズでは、わざわざ「Fast Monsters」のオプションを使ってNightmare準拠の難易度で遊んでいます。
・・・やはり、私が物好き&少数派なのでしょうか?

幸いにもWiiの「ドラゴンクエストI・II・III」にはオリジナルであるファミコン版も収録されています。
で、思い切って3作を全部遊んでみたのですが、やはりオリジナルの方が難易度が高く、歯応えが有って面白いですね。
もちろん改良して欲しい点(リメイク版では対応されている)も色々有るので、手放しで絶賛できる訳ではありませんが。

でも、ゲームとしての歯応えを感じるのは、やはりオリジナルのファミコン版だと断言できます。
ロープレもFPSゲームの様に難易度が選択できたら悩み(?)も無くなるのですが。



色々書いてきましたが、なんだかファミコンやメガドラで遊んでいた当時が懐かしくなってきました。
同世代の同僚と当時を振り返りつつ一杯やりたい気分です。


2017-01-31(Tue)

車の試乗に行ってきて感じたこと

こんばんは。

過去に何度か記事にしましたが、現在実家の車を買い換える計画が進んでおります。
主に使用するのは両親で、使用目的や年齢による衰え等を考慮すると、
小型で運転しやすく、かつ高性能な安全装備(自動ブレーキ等)が充実している車種が必須となります。

先日帰省した際に、両親を連れてディーラーに試乗に行ってきました。
年末年始はディーラーは休業しており、ギリギリ間に合ったホンダ系の店舗のみでしたが、
丁度ホンダには「ヴェゼル」「グレイス」「フリード」などの候補車が多いので好都合です。



現在、各自動車メーカーにおいて自動ブレーキを中心とした安全装置の世代交代が進んでいます。
主に「歩行者を検知・対応できるかどうか」が一つの目安になっています。 

<トヨタ>
セーフティーセンスC (歩行者検知不可)
セーフティーセンスP (歩行者に対応可能)

<ダイハツ>
スマートアシスト2 (歩行者は検知するが警報のみ)
スマートアシスト3 (歩行者に対応可能)

<ホンダ>
シティブレーキ (歩行者検知不可)
ホンダセンシング (歩行者に対応可能)

一例を挙げると上記の様な自動ブレーキが有り、歩行者が検知可能なシステムは機器の構造自体が異なり、
作動範囲(距離・速度)がより幅広かったりします。 当然ですが高性能な方が良いに決まっています。
もちろん、「事故を回避・軽減してくれる可能性が有る」程度に考えておくべきで、過信するのは禁物ですが。



さて、今回はホンダ系ディーラーに行った訳ですので、ホンダの車種を見てみると、
アコードやオデッセイなどの上位車種には高性能な「ホンダセンシング」が、
フィットなどの小型・安価な車種には廉価版の「シティブレーキ」が搭載されています。

が、最近は小型・安価な車種にもホンダセンシングの装備が進んでおり、
既にヴェゼル・フリード・ステップワゴン等の普及価格帯の車種にも搭載されるようになりました。
ディーラーの人に確認したところ、フィットやグレイスは年内に行われるマーナーチェンジの際に搭載し、
さらにモデルチェンジする軽自動車のN-BOXにも搭載されるとのこと。
コンパクトカーのフィットはもちろん、軽自動車のN-BOXにも搭載するとは驚きました。

ホンダや日産の対応の早さを見ると、やはりトヨタの遅れが目立ちますね。
例えばヴォクシーは歩行者対応不可のシステムを搭載していますが、ライバル車種であるセレナやステップワゴンは既に歩行者対応可能なシステムを装備しており、どうにも見劣りします。

トヨタにも歩行者を検知できるシステムは有りますが、他社に比べると登場が遅かった上に、普及もあまり進んでいません。
どいうった内部事情が有るのか気になる所です。



さて、今回はグレイス、フリード、ヴェゼルに試乗してみたのですが、新型車種はやはり作りが違います。
環境性能や安全装備など、全体的に大きく進化しており、買い換える価値は確実に有ると断言できます。


が、一方で気になるのは、数世代前の車と比べて、良くも悪くも変わりすぎているという点ですね。
例えばエンジンの始動・停止の際、昔はキーを差し込んで回すというのが一般的でした。
が、現在はパソコンの電源ボタンの様な物をポチッとなと押すだけでOKです。

他にも、アイドリングストップ機能により、走行中でもエンジンが停止する場合が有ります。
もちろんそういう作りなので問題有りませんが、何も知らないとエンストしたと焦ってしまうかもしれません。

また、ハンドルには多種多様なボタンやレバーが装着されています。
これらのボタンでギアの変更やオーディオ・スマホの操作など様々な事が出来るのですが、慣れるまでが大変です。

特に気になるのがシフトレバーですね。
プリウスに代表されるハイブリッド仕様車はガソリン仕様車と細部が異なる事が多く、その一つがシフトレバーです。
例えるならパソコンのマウスの様な形状をしており、動かし方も少し感覚が違います。
従来のガソリン車のレバーと違い、「指定のギアに動かした」という感覚を感じにくいのです。

もちろん、これらの違和感は慣れれば良いだけの話で、私個人はさほど気にはなりません。
が、私はともかく、両親はどうか? なにしろ主に使用するのは両親なのですから。
その内慣れてくれるとは思うのですが、極力余計な負担無しで乗り換えて欲しいところです。


この点に関してはトヨタのカローラの設計思想に好感を持てます。
カローラにもガソリン仕様とハイブリッド仕様が有るのですが、後者のシフトレバーも従来と同様のデザインをしており、
トヨタによると、違和感なく操作して貰う為にあえて変更しなかったとの事です。
カローラ(特にセダン)の主要ユーザーは中高齢者だと思うのですが、そこに配慮したという事でしょう。
これでカローラやプレミオ辺りにセーフティーセンスPが搭載されたら候補に加わるのですが。



ハイブリッド仕様車は先端技術の塊なので、インターフェースデザインを特別な物にするという考えは一理あります。
所有欲が湧きますし、設計次第では操作性も向上するかも知れません。

一方、変えなくて良い箇所はあえてそのままにするという考えにも賛同できます。
使い慣れた物に無理に変更を加える必要は無いのですからね。
全くジャンルは異なりますが、この考え方は私の仕事にも生かせそうな気がします。


買い換えは夏頃までに予定しているので、もう少し吟味しようと思います。
やはり何を買おうか思案している時が一番楽しいですね。


2017-01-23(Mon)

馴染みのあるゲームのアニメ化

こんばんは。

年が明けて既に半月以上経っておりますが、ようやく今年最初のブログ更新となります。
個人的に色々有りまして、すっかり放置状態となっておりました。 すいません。



さて、私は今まで様々なゲーム制作に携わってきましたが、最近、その一つがアニメ化され放映されました。
タイトル名や放映時期を厳密に書くとばれてしまうので「最近」という曖昧な表現です。
年末年始のどこかだと思って頂けたら幸いです。

過去にも何度か開発に携わったゲームがアニメ化されましたが、やはり毎回感動しますね。
ゲームその物が完成して発売された時とは違った感動があります。

もちろんゲーム本編とは媒体が全く違いますし、そもそもアニメは専門の業者が制作し、我々はほとんど関与はしません。
せいぜい初期の段階で資料を提供するとか程度でしょうか。 プランナーやディレクターとかだともう少し増えますが。
個人的には、我々ゲーム関係者は口を出さない方が良いような気がします。

そう言ったわけで、ゲームがアニメ化されると、関係者だけど他人でもあると言う、なんとも不思議な立場になります。



最近のゲームは3DCGでアニメの如く動き回りますし、一方のアニメも3DCGで処理するシーンが増えているようです。
アニメはもとより、ゲームも大半のシーンで声優さんによる音声が流れるのが当たり前となりました。
もはやゲームとアニメの違いと言えば、ユーザー操作による双方向性とストーリーの分岐くらいしか無いかもしれません。

個人的には、アニメにおける3DCGの採用には色々と考えさせられます。
良い部分では、乗り物や開閉する扉など、大きく動く物を3DCGで処理すると色々効率的でしょうね。
試行錯誤しやすいですし、データの流用も出来るでしょう。

一方で、3DCGで描写しているために違和感を感じるシーンも多々有ります。
特にキャラクター、それも主役級を3Dで描写している場合、見た瞬間に違和感を感じて「ああ、3DCGだなぁ」と。
動きも形状も、明らかに3D以外の部分から浮いていて馴染んでいない。
破綻の無い形状、綺麗すぎるパース、無機質な動き、なにより3DCGの部分だけ質感が違う。
あくまでも個人的な感想ですし、作品によりばらつきは有りますが、馴染ませるためのハードル高いと感じます。



ところで、ゲーム&アニメの話になると思い出すのが、昔居た同僚の話。
アニメーターを志して転職していった彼は元気でしょうか・・・
転職先の会社は健在ですが、彼自体はさらに他の会社に移っている可能性も有ります。
久しぶりに会ってみたいです。

2016-12-27(Tue)

2016のゲーム事情

こんばんは。

早い物で、気が付いたら2016年も間もなく終わります。
毎年言っている様な気がしますが、一年が経つのは本当に早いですね。


仕事柄ゲームに触れる機会は非常に多い、というか毎日触れているような状態ですが、
自分自身がゲームで遊ぶ機会は非常に減った様な気がします。
学生時代と違って趣味に割ける時間が減ったからなのか? 毎日ゲームに触れているので食傷気味なのか?

特に家庭用ゲーム機のソフトを買う機会が激減しましたね。
最近はSteamやバーチャルコンソールで海外製FPSゲームやレトロゲームをDL購入する事がほとんどです。
ファミコンやメガドライブが現役だった頃とは大違いです。 メガドラFANの発売日とか待ち遠しかったなぁ・・・


レトロゲームを遊んでいると、古き良き時代のゲームに懐かしさと愛着を感じる一方で、
最近はこういったゲームのノウハウが失われ、もう二度と作る事は出来ないだろうなという寂しさも感じます。
もちろん、現在ニーズが有るのか、作る意味が有るのかは別問題ですが、それにしたって寂しい。

開発や利益の効率を考えると、スマホ向けの課金ゲームを作って、ひたすら搾り取った方が良いに決まっています。
事前登録やアニメやゲームとのコラボで限定アイテムを用意し、レア物の所有欲を煽って課金させて。
他社はもちろん、私の所も、みなそうしています。 それが一番儲かるんですから。

しかし、個人的には、作り手としても遊び手としても、何か寂しい物を感じます。
「このゲーム、一体いつまで開発を続けるんだろうか?」とか、「ゴールデンアックスの新作出ないかなぁ?」とか、
あくまで個人的な思い出はありますが。


年末年始はのんびりとレトロゲームでもして過ごそうと思います。
まずは沙羅曼蛇・魂斗羅・バトルシティ・スプラッターハウス辺りをクリアして、
それからマリオカート(もちろん初代)で対戦プレイ、締めにゲバラとベアナックル2って感じでしょうか。

「レトロゲームを通じて感性を磨く」という名目でゲーム三昧の正月も良いですね。


2016-11-27(Sun)

カストロ議長のゲーム

こんばんは。

先日、キューバのフィデル・カストロ前議長が死去したとの報道を目にしました。
彼およひキューバに関しては社会の授業で必ず学びますし、
個人的にはドキュメンタリー番組などで色々知っていたので、今回の件は感慨深い物が有ります。
一つの時代の終わりであり、米国との国交正常化も目前なので、新たな時代の始まりでも有るのでしょうか。



・・・と真面目(?)な話はここまでにして、カストロ議長の名前を聞くと思い出すことが有ります。
それは「そういや、彼(カストロ議長)を主人公にしたゲームが有ったなぁ」と。

カストロ議長が主役のゲーム・・・
キューバ政府が制作した、国民に対して革命の偉大さを伝える為の教材・・・等では有りません。
なんと、日本のゲーム会社が開発した、ごく普通のアクションゲームであります。

タイトル名はズバリ「ゲバラ」
1988年にSNKからファミコン向けに発売され、ジャンルはトップビューのアクションシューティング。
二人同時プレイが可能で、途中参加やコンティニューも可能。

ゲバラ(チェ・ゲバラ)とは、カストロ前議長と共にキューバ革命を主導した実在の人物の事です。
そんな彼らを恐れ多くもゲームの主人公に据えてしまったのが、この「ゲバラ」とういゲームです。


二人同時プレイが可能なこのゲーム。 プレイヤーはゲバラかカストロのいずれかを操り闘います。
ゲームはキューバに逆上陸する所から始まり、都市や炭鉱など多彩なステージを経て首都を目指すという流れ。
マシンガンやロケット砲、火炎放射器などを駆使して闘い、時には戦車やトロッコに搭乗する事も有り。
そして首都の宮殿に突入し、悪の支配者であるバディスタを倒す・・・

設定だけを聞くと正気の沙汰とは思えませんが、ところがどっこい、実は極めて完成度の高いゲームなのです。
グラフィックやサウンドはハイレベルで、ゲームのテンポも良く、何より爽快感が抜群で面白い。
特にボスを倒した時の大爆発演出は、何か鬼気迫る物を感じる程の凄まじさ。 ファミコンの限界を超えています。


ファミコンには数多のゲームが発売され、私も色々なゲームを遊びましたが、ゲバラは間違いなく名作でした。
ファミコンで個人的に評価する名作を5本選べと言われたら・・・

・デジタルデビル物語 女神転生
・ファミコンウォーズ
・沙羅曼蛇
・魂斗羅
・ゲバラ


こんな感じでしょうか? 他にも候補は有りますが、とりあえずこの五本は間違いなくトップクラスです。



それにしても、他国の国家元首や革命家をゲーム化するとは・・・
っていうか、絶対に許可を取っていない気がするんですが、どうなんでしょう?
他にも、旧ソ連のゴルバチョフ書記長を主人公にしたゲームを2本程知っていますが、こっちも怪しいな・・・

久しぶりに遊んでみたくなりました。 またファミコンを引っ張り出すとしましょうか。


プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: